林祐輔コーチの経歴や選手としての活躍は?教え子は誰?あんな人も!

スポーツ選手

数々の著名なフィギュアスケーターを輩出した事で、著名な林祐輔コーチが現在話題になっていますね。

この記事では、そんな林祐輔コーチについて「プロフィール」「経歴」「選手としての活躍」「指導している選手」という点からご紹介していきます。

この記事で触れている事

林祐輔コーチのプロフィール
林祐輔コーチの経歴
選手としての活躍
指導している・していた選手

林祐輔のプロフィール

まず、はじめに林祐輔コーチについてプロフィールという観点から、基本的な部分についてまとめました。

  • 林祐輔 (はやし ゆうすけ)
  • 年齢 42歳 1977年5月1日
  • 出身 兵庫県

となっています。現在は、コーチとして活躍している林祐輔さんですが、もともとは優秀な成績を残したフィギュアスケーターでした。

林祐輔さんがスケートをはじめたの12歳の頃で、現在関西大学にてフィギュアスケーターを指導している長光歌子さんからフィギュアスケートの指導を受けていたようです。

ちなみに、林祐輔さんを指導していた長光歌子さんももともとはフィギュアスケーターで、日本選手権にて6位を獲得した方となっています。

出身は、兵庫県となっていますが、最終学歴は京都が拠点となっている龍谷大学です。この大学は、アイススケート部があるので、もしかすると林祐輔さんも、利用していたのかもしれません。

 

林祐輔の経歴・選手としての活躍

次に、林祐輔コーチの選手としての経歴についてご紹介していきたいと思います。

林祐輔コーチが初めて知名度の高い全日本選手権に出場したのは、1997年の事です。1997年の大会では、21位という成績となっています。

ニュースなんかを見ていると、低い順位に見えてしまいますが、そもそもの大会がかなりレベルの高いものになっているので、十分凄い順位だと言えるでしょう。

その後は、1998年に27位、1999年に21位という成績を残し、これがフィギュアスケーターとしての目立った経歴となっていますね。

なんだか短いように見えますが、実は林祐輔コーチはかなり早い段階から実際にフィギュアスケートを行う立場から、指導への道に切り替えており、2000年には引退しています。(競技から)

林祐輔の教え子が凄い!

選手としての活動はそれほど長くなかった林祐輔コーチですが、指導者として開花し、かなり著名な選手を教え子として輩出しています。

2000年に競技から引退した林祐輔コーチが、初めて目立った選手を育成したのは「高橋大輔」選手となっています。

高橋大輔選手といえば、全日本選手権で合計5回の優勝をしており、銅メダルを獲得した事でも有名な選手ですよね。

これほど才能に溢れた方なので、もちろん目立った大会で優勝する前から、アマチュアの時点でフィギュアスケート界では著名な大会で優勝経験があります。

その一つが2002年に行われた世界ジュニア選手権であり、この大会で高橋大輔さんは「優勝」という成績を残す事になり、この時指導していた人物の1人が林祐輔コーチなのです。

著名な人物はこれだけではありません。女性から挙げると、友友滝佳子さん、ここ数年で著名になった人物であれば、田中刑事選手等も、これまでの教え子となっています。

このような点を踏まえると、林祐輔コーチは競技における才能はもちろんですが、どちらかと言うと、指導する能力が高かったのかもしれないですね。

現在でも大阪府立臨海スポーツセンターでのコーチ等で、指導者としての活動は続けているようです。

林祐輔についてまとめ

今回は、林祐輔さんについて

  • 林祐輔コーチはもともとフィギュアスケーター
  • 早い段階で指導者に
  • コーチとして数々の実績がある

という点についてご紹介させて頂きました。

指導者として数々の選手を生み出してきた林祐輔さんの事ですから、これからも名コーチとして沢山の選手を輩出してくれる事に期待したいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました