【2020年】恵方巻きの方角を簡単にチェック!起源は韓国!?

節分と言えば、豆まきや鬼を中心とした魔物を想像する方も、少なくないでしょう。

しかし、節分にはもう1つ大きなイベントが存在しています。それが「恵方巻き」。

今回はそんな恵方巻きについて

・2020年の方角は?
・簡単に調べる方法は?
・恵方巻きの正しい食べ方は?
・恵方巻きの起源は韓国?関西?

と言う観点から、解説していきたいと思います。

2020年の恵方巻はどの方角?

まず、はじめに2020年の方角や、方角を簡単に調べる方法、恵方巻きの食べ方についてご紹介していきたいと思います。

2020年の方角は南南東

結論からご紹介すると、2020年の恵方巻きの方角は「西南西」になっています。

つまり、恵方巻きを食べる際に向く方角は、西南西を向けば良いと言うことになります。

ただ、なぜその方角なのか?という点について、疑問を持った方も少なくないでしょう。実は、これには理由があります。

そもそも、その年に恵方巻きの方角となっていう角度のことを、恵方と言います

恵方とは、その年を守っている神さまがいる方角とされており、全部で4つ存在してます。

今年の西南西を含め、東北東、南南東、北北西が存在しています。

方角を調べる超簡単な方法!

恵方巻きの方角が西南西であると分かった所で、知りたいのは「方角を調べる方法」だと思います。

実際に、恵方巻きを食べる際に「あれ、そもそも西南西でどこだっけ?」ってなった事がある方も少なくないはずです。

しかし、恵方巻きのルール的に、既に食べ初めてしまった場合は時既に遅しという事になってしまうので、恵方巻きの方角は予めしっかりと調べておきましょう。

結論からご紹介すると「スマホアプリ」で簡単に調べる事が可能です。恵方巻きの方角を調べるためのいくつか存在していますが、「恵方マピオン」というアプリがポピュラーです。

恵方マピオンを使ってしまえば、スマホ上で方角を確認する事が可能なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

恵方マピオン AppStore

恵方マピオン Google Play

食べる前に!恵方巻きのルールを抑える

基本的に、恵方巻きに限らず、古くから伝わっているような習慣・文化には、予め何らかの作法・ルールが存在している事が多く、恵方巻きも例外ではありません。

恵方巻きを食べる時は、以下のような事に気をつけましょう。

・恵方を向いて食べる事
・無言で食べきること
・もしも、喋ってちゃった時はもう1個無言で食べる

というルールが設定されています。このルールを破ってしまうと、願い事が叶わないと言われていたり、何らかのペナルティがあったりと地域によって、若干認識が異なっているようです。

ただ、ルールを守らない事による何らかのマイナスな出来事が起こるとされていますが、基本的には上記のルールを守るとOKという点では一致しています。

どうせ、節分の日に恵方巻きを食べるなら、何らかの願い事をしながら、無言で恵方巻きにかじりつきましょう!

なお、筆者はこれまで無言で食べ切れた事がありません。。。

恵方巻の起源って関西?韓国?

よくよく考えてみると、無言でどっかの方向を向いて太巻きをかぶりつくっていうのは、少し変わった文化だと思います。ただ、もちろんこの少し変わった文化も、誰かが作り出したものである事には変わりません。

なので、これから恵方巻きを食べる時に知っていれば、恵方巻きをより一層楽しめる「恵方巻の起源・由来」についてご紹介していきたいと思います。

恵方巻きの起源は韓国?関西?

恵方巻きが出来た地域については、実は色んな説が唱えられているようで、最も根強いのは「関西」特に、大阪を中心として広まったと言われています。

ただ、一部では韓国説も出ているようで、、、どれだけ調べてもそれの根拠となるような情報は見つけられませんでした。

しかし、韓国が起源説につながった可能性の高いものとして「キムパプ」という韓国の料理が挙げられます。

キムパプは、円形の形のお米を海苔で巻いた食品で、日本の恵方巻きのそれとかなり酷似しています。そのため、韓国起源説が出てきた可能性が高いでしょう。

ただ、恵方巻きは民間伝承を中心的に広まったものなので、地域によって作法が違ったり、結構あやふやな部分も多いです。

そのため、起源についてもかなりあやふやになっていて、ワンちゃん韓国のキムパプが起源である可能性も否定できないでしょう。

恵方巻きの由来

恵方巻きの本当の由来というのは、現在の所発覚していませんが、基本的には「大阪」が由来とされています。

幕末・明治初期に、商人の街として繁盛していた大阪の街で、様々な事を願って恵方巻きを食べて見たら、商売が繁盛したり、健康になったり等の話が広がったみたいです。

ただ、これも実は「スーパーのチラシ」に書かれた事を元にしたものであり、様々な矛盾点が指摘されています。

しかし、大阪から広がったのは確かで、1930年代には大阪の鮓商組合が、節分の日に太巻きを食べよう!という広告を打った記録があります。

これが鮓商組合が販促のために作り上げたのか、もともと文化として大阪に定着していたのか?は、はっきりしていませんが、最も有力なものとして現在残っているのは、この大阪の鮓商組合が仕掛けた販促活動です。

恵方巻きがここまで広まった理由

先程、大阪で発展した恵方巻きについてご紹介しましたが、現在では恵方巻きを食べるという風習は全国的に広がりを見せています。

そして、この立役者は「セブンイレブン」だと言われています。なぜ、いきなりコンビニチェーンが?とはてなが出てきてしまいますが、これには企業努力が隠れていたのです。

12月・1月というのは、小売業の企業にとっては天国のような期間ですクリスマス・お正月で、たくさんのものが売れ、売上はぐんぐん上がります

しかし、2月になるとかなり落ち込み、小売業界の人にとってはこの2月をいかに乗り切るのか?はかなり大きな課題だったのです。

諸説ありますが、2月にバレンタインデーが広まったのも、この売上が落ち込む2月に丁度よい時期にあるイベンドであったからだと言われています。

恵方巻も例外ではなく、セブンイレブンは恵方巻きの文化を全国に広げて、2月の売上減少対策を行いました。そして、見事に成功したのです。

めでたしめでたし。

恵方巻きをどう楽しむか

僕は個人的に、恵方巻きの習わしを守って、食べません。というか、食べれません。

なんだか、無言でふとまきを頬張り続けるというのが、どうしても出来なくてここ数年は諦めています。笑

ただ、せっかくのイベントを楽しむ事が出来ないのもあれなので、いつも恵方巻きを買って普通に食べています。笑

恵方巻きは民間伝承であり、歴史も古いものになっています。つまり、正確な情報というものは実のところあまり存在しておらず、ある種迷信と言える作法は地域によって異なるのです。

そんな訳で、自分の楽しみたいように楽しむのが一番だと思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました