安倍首相が辞任した事についての海外の反応!韓国・中国・アメリカの反応をまとめ

政治

安倍首相が辞任を発表され、国民へのショックはもちろんですが、株価が大きく下落する等、大きな衝撃が広がっていますよね。

その中で、外交が評価されていた安倍首相ですから、「海外の反応」という点について気になるという方も少なくないでしょう。

なので、これから「安倍首相と海外の反応」というテーマから、

  • 安倍首相と外交
  • 韓国の反応
  • 中国の反応
  • アメリカの反応

と言ったポイントからご紹介していきたいと思います。

外交で一定の評価を受けていた安倍首相

日本で最も長い期間、首相に在任していた安倍首相ですが、その政権運営については賛否のあるものも多かったです。

例えば、安全保障に関しては集団的自衛権に関するもの、防衛装備移転三原則等、リベラル系の政党からはかなり批判の的となりましたよね(一方で、保守層からは評価も)

ただ、外交という点においては、概ね好調な評価を得ていたと言えるでしょう。

触れられることの多いトランプ大統領との関係はもちろん、インドと軍事的な協力関係を結んだり(2つの軍事的な協定に合意)、イラン・アメリカの緊張が高まった際には中東に訪問したり、その他にも色々とありますが、国際的に日本の存在感が増したのは確かでしょう。

こうなってくると、やはり隣国である韓国・中国、アメリカといった海外の反応が気になってきますよね。

 

 

辞任に対する中国の反応

まず、はじめに安倍首相の辞任に対する中国の反応について触れていきたいと思います。

安倍首相を評価?中国政府の反応

中国政府の見解をまとめると「特に触れない」「継続して関係改善を続けたい」と言ったものです。(外務省・趙立堅のコメント)

もちろん、安倍首相が辞任する背景を考えても、苦言を呈するのはおかしな話であって、普通のコメントであると言えるでしょう。

また、中国はここ2年~3年アメリカとの緊張関係が続いており、ここ最近ではファーウェイ・テンセントといった巨大IT企業を巻き込んだ対立が続いています。その分日本とは友好関係で居たいという思惑があるのでしょう。

また、同時に「日本の内政問題である」と一番初めに発言していたことを考えると、中国の内政にも触れるなよという意思が感じられなくもあいりません。

国民の反応

次に中国国民の反応を、中国大手SNSである微博からご紹介していきたいと思います。

「本当はまだまだ続けたそうにしているように見える。」
(ニュアンス的に病気で続けることが出来ないことに対する同情)

「前回のオリンピックの閉会式で安倍首相が登場した時をよく覚えている。アベシンゾウは、オリンピックを成功させたかったはず。後悔が残っているだろう。」

「やはり健康は大事だよね。日本の最高レベルの薬でも解決することは出来なかったのか」

「彼は日中関係に変化をもたらした人物の1人だった。」
(日中関係改善を評価する声)

「彼の体調を考えると、首相を続けるのは難しいだろうね」

「とても残念。彼が一番だった(彼がベストに近いニュアンス)。オリンピックの閉会式でマリオの姿で登場したのは印象的だったなぁ。すごく面白い人だった!」

「次の首相が親中だったら良いなぁ」

 

と言った内容です。批判的な意見はあまり見られず、全体的に体を心配するといった反応が多かったですね。

あと、オリンピックの安倍マリオに関する内容が何故か非常に多かった。

 

 

 

辞任に対する韓国の反応

次に韓国の反応をご紹介していきます。

文大統領との関係はアレだが・・・韓国政府の反応

日中関係は比較的落ち着いた状態にありますが、日韓関係というとかなり揉め事が多かったですね。

特に直近では徴用工問題、ホワイト国除外、GSOMIA破棄等、徴用工を発端にかなり問題が山積していました。

それに伴って、日韓関係は冷え込みを見せており、文大統領と安倍首相の関係は最悪ともまで・・・

そんな韓国政府の反応をご紹介すると

「安倍首相の突然の辞任は残念、新たな首相とも関係改善を行いたい」

と言った内容となっています。

韓国国民の反応

Twitterより反応をまとめていきます。

「安倍首相のおかげで、イルポンになる事は絶対ない」

(イルポンとは日本好きな韓国人を指す言葉)

「wwwwwwwwwww 東京オリンピックキャンセルか」
(バッハ会長の辞任に対するコメントをした記事を引用して)

「安倍首相が辞任しようが、自民党なのは変わらない」

「安倍首相が辞職したとのことだが、病気は誰でも降り掛かってくる。馬鹿にできない」

「次はしっかりした首相が良い」

「安倍首相が長すぎて、存在感が大きすぎる。一方で菅直人ようにあまりに短すぎて印象深い人物も居るが w」

「結局ははははは悪事によるバツを受ける jsふぁいおふぃうぃおhふぃえふぃおfs(翻訳不可)」

「とにかく安倍首相の早期回復を願う」

「長期政権を維持している自民党はいろんな派閥があるが、どれもあまり期待してない」

「ああああ 安倍様 復活してください」

「安倍首相の辞任を予言していました。 次は習近平も健康問題で途中下車するだろう」
(多分、ヤバい系のアカウント)

と言った反応がありました。

韓国の反応ということで、何だか批判ばかりかと思いましたが、そうでもなく、批判めいたもの、馬鹿にしているもの、気遣うものが3・3・3くらいの割合でした。

また、文大統領に対する批判に繋がっているものも、チラチラと・・・

 

 

 

 

安倍首相の辞任に対するアメリカや英語圏の反応

最後は、日本にとって最も重要な国であるアメリカの反応をご紹介していきます。

トランプとの関係が好調だったアメリカ政府の反応

安倍首相が辞任を発表した時間が、アメリカ時間で深夜だったということもあり、まだ公式の発表は行われていないようですね。(トランプ大統領も無反応)

ただ、米紙の反応では「偉業を成し遂げた(長期政権について)」といった評価も行っており、安倍首相については好意的な意見が見られました。

トランプ大統領にとって痛手だと評価するものも記載もありました。

また、国は違いますが、同じ英語圏であるイギリスのボリス・ジョンソン首相は以下のようなツイートを行っており、

 


 

日本の首相として、彼は自身の国と世界に対して素晴らしい活躍をしました。

彼のスチュワードシップ(影響下 or 管理下)の元で、日英は貿易・防衛・文化的な繋がりが強化されました。

長い間、お疲れさまでした。

と言った反応を見せています。イギリスのトランプなんて言われていたボリス・ジョンソン首相ですが、かなりしっかりとしたコメントですよね。

友好関係であったトランプ大統領の反応が気になる所です。(反応があったら、追記します)

アメリカと英語圏の反応について

Twitterから主に翻訳しますが、英語圏が対象となるため、欧米はもちろん、世界中の英語による反応を訳していきます。(ローカルが分かる場合は記載)

「辞任しないでください インド」

「彼はここ数年厳しい決断を何度も行ってきた。辞任は悲しい インド」

「(辞任を止めるツイートに)彼のツイートを呼んでください。既に辞任は決定された事であり、我々にとってはバッドニュースだ」

「彼は健康を利用に辞任したが、それだけが理由ではない。不健康な状態で刑務に行くことを恐れている アメリカ」
(モリカケ関連?韓国との勘違い?)

「安倍首相が辞任。次の首相はあのトランプとうまくやれるのかな? アメリカ」

 

Twitterは時間帯の問題で、インドの反応が多かったですね。

 

ここからは4chanの反応(英語圏版の5チャンネル)

 

「彼ら(日本国民)が左派のプレジデントを得ることを望む アメリカ」

(大統領は首相のことを指していると思います)

「まじか・・悲しいよ。安倍は良いやつだった。 オリンピックが潰れた事は、彼にとって大きな出来事だっただろうね  韓国」

「ガンダム研究は保留になるな  アメリカ」

「これはどう考えても大きなニュースでしょ。なんで誰も取り上げないの?日本は地球上で大きな国の1つだぞ  ドイツ」

(4chanであまり盛り上がっていなかったこと言っていると見られる)

「ABE – SAMA, YAMETEEE 原文ママ イタリア」

「私は彼を偉大な指導者の1人であると考えています。 日本が彼の代わりを見つけられることを祈っています。 アメリカ」

 

となっています。時間帯も大きいと見られますが、あまり盛り上がっている印象はありませんでした。(アメリカは特に夜中だったため)

ただ、反応としては辞任を惜しむ声が多く、安倍首相の名が世界に浸透していた事が感じられます。

安倍首相の辞任と反応まとめ

今回は、安倍首相の辞任に伴う海外の反応についてご紹介しました。

賛否両論のある政策、不祥事チックなもの等ありましたが、国政選挙で勝利を続け、日本国民の信頼を得ていたのは間違いと思います。

世界でも惜しむ声が大きかったですが、こうなってくるとポスト安倍の方達がかなり重要・・・プレッシャーが凄そう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました