フィリピンで反韓広まる?キャンセルコリア騒動の反応をまとめてみた

フィリピンで「cancel korea」「Apologize To Filipinos」と言葉がトレンド入りして、なかなか話題になっている模様。

これだけだと、フィリピンと韓国の揉め事なの?と感じますが、実は日本の旭日旗が発端となっていた・・・

この記事ではこの騒動について、以下のような観点から

  • フィリピンで起こったトレンド
  • 日本・フィリピン・韓国を巻き込んだ騒動
  • Twitterの英語による反応まとめ

触れています。

【キャンセルコリア】フィリピンで反韓ハッシュタグがトレンドに

フィリピンのSNSを中心に「cancel korea(キャンセルコリア)」「ApologizeToFilipinos(フィリピン人に謝れ)」という言葉がトレンド入りしており、現在反韓ツイートと取れるような投稿がいくつも見られます。

フィリピンでは、韓国ドラマはもちろんですが、K-popアイドルも人気のあるコンテンツの1つとなっているので、フィリピンを訪れたことのある方にとっては、かなり驚くような内容となっていると思います。

また、よくあるプチ炎上なんてものではなく、cancelkoreaというトレンドは約1日程度トレンドの上位を席巻しており、ApologizeToFilipinosというものについても一時期は2位になるほどの炎上ぶりでした。

かなり大きな騒動になっている事が分かりますよね。

 

 

 

 

bella poarchさんのタトゥーが反感を買う・騒動の発端と流れ

次に、今回のフィリピンにおける大炎上の発端・流れについてご紹介していきたいと思います。

フィリピンのインフルエンサーのあるタトゥーが発端

この大きな騒動は、フィリピンのインフルエンサーが発端となっており、そのインフルエンサーというのが「bella poarch」という方です。

Tik Tokのフォロワーは1700万人超え、インスタのフォロワーも200万人を超える規模のインフルエンサーで、英語で発信している事から、世界中にフォロワーを持っているのでしょう。

日本のインフルエンサーとは、規模が違いますね・・・

発端となったのは、この方の旭日旗を含むデザインとなっているタトゥーで、

@bellapoarch

#greenscreen Here is a photo of my arm tattoo. I love Korea🥺😭 I would never do anything to hurt anyone.

♬ The Banjo Beat, Pt. 1 – Ricky Desktop

 

(この投稿自体が謝罪するために載せられたものです)

かなりガッツリ旭日旗が入っているものになっていますよね。

タトゥーという観点から見ると、日本人にはあまり馴染みのもになっていますが、旭日旗のデザインを含むタトゥー自体は海外で見られる事はあり、それほど不思議なものではありません。

ちょこちょこと旭日旗を使用したデザインを海外で見る事も少なくありませんしね。

ただ、これがある国のネットユーザーから大きな反韓を買ってしまったようで・・・

韓国のネットユーザーが反応→謝罪へ

このタトゥーに反応したのが、韓国ネットユーザーです。

記事には書きたくないような人種差別的な投稿をSNSで行っているユーザーが多発して、かなり炎上状態となってしまいました。

この反応を受けて、先程ご紹介したTik Tokの投稿で、彼女は謝罪文とこれからの対応を以下のように記し

「これが私の腕のタトゥーです。私は韓国が大好き。人を傷つけるような意図は全く無かったです。」

「このタトゥーは消すか・包み隠す(服等で隠すという意味だと思います)する事にします。私はこのタトゥーにある歴史的な背景を知らなかったし、これからはみんなにこの事を広めていきます」

投稿から見ても分かりますが、かなり参ってしまっている模様。

旭日旗への賛否は色々とありますが(少なくとも日本人にとっては大事なもの)、bella poarchさんがせっかく入れたタトゥーを隠しながら生きていかないといけないって・・・気の毒です。

フィリピンのネットユーザーが反応

bella poarchさんが謝罪するだけで終了かと思いきや、ここからSNSを中心に騒動はもっと大きくなります。

というのもフィリピンのネットユーザーが一部の韓国ネットユーザーの差別的発言に対して、反応して「cancelkorea」「ApologizeToFilipinos」と言ったハッシュタグが広まるきっかけに。

またまた、これに反応して韓国のネットユーザーが、このハッシュタグを使ってコメントしており(一概には言えず、様々な立場がありましたが)、お祭り状態に。

日本にも9日の夜あたりから広まり、10日には大手ニュースサイトにも取り上げられるようになりました。

日本人の方でもこのハッシュタグを使って、コメントを行っている方がちょくちょくと確認出来ます。

見方によりますが、日本が巻き込まれたというか・・・日本と韓国の争いにフィリピンのインフルエンサーが巻き込まれたというか・・・

歴史的解釈に色んな立場があるにせよ、見るに堪えない人種差別的投稿はやめて欲しいですね。

 

 

 

 

 

【反応】Tik TokとTwitterの英語コメントを翻訳してみた

次に、今回の騒動に対する反応をTik Tok・Twitterという2つのプラットフォームから翻訳してご紹介していきたいと思います。

bella poarchさんのTik Tokへの反応(謝罪動画)

「(今回の騒動について)殆どの韓国人は不快に感じています」

「BTS(韓国のアイドル)があなたにとっての韓国ではない」
(あなたの韓国に対するイメージと現実は異なっているという意味だと思います)

「殆どのノンコリア以外は、あなたの謝罪を受けいているし、そもそもそれは(タトゥーに対して)醜くない」

「でも、あなたはフィリピン出身でしょ。そして、あなた達の祖先は日本の植民地の1つになっていたのよ・・・」

「裏側のBGMが・・・笑」
(謝罪動画に流れていたBGMがやけに陽気だったことに対するコメ)

「みんなは分かってないけど、この旗はimperial japan(大日本帝国)のもの。」

「正直私は何が起こっているのか把握できない笑、私はフィリピン人だけど、この旗の意味はまだよく分からない笑」

「もしもあなたが同じ事をされたら、どう思うか想像してみて。これをokayという人がいるなら、歴史を軽視していると言える」

ハッシュタグを利用したTwitterの反応

cancelkorea、AplogizeToFilipinosという2つのハッシュタグが就いたツイートをまとめます。

「私はkdrama(韓国ドラマの事)は大好きだけど、侮辱は許さない。お風呂にでも入って落ち着きなよ」

「私はこれを絶対に忘れない(韓国人の東日本大震災に関する侮辱的な出来事を引用し)」

(アカウント名から恐らく日本人のコメント)

「キャンセルコリア?どうやって人種をキャンセル出来るっているの?!なぜ代わりに人種差別的なものをキャンセルしないにいのか」

「なんだこのクソみたいなハッシュタグは!」

「私はk-popのファンだけど、自分の国をサポートするわ」

「なぜキャンセルコリアなんてハッシュタグがトレンドになっているのか理解出来ない。」

「私は真剣に火星に住みたくなってきた。この世界に何が起こっているの?キャンセルコリアの代わりにキャンセルレイシズム(人種差別をキャンセル)を使いなよ。」

Twitterの反応としては、ハッシュタグの性質上、そもそもハッシュタグの言葉自体(特にキャンセルコリア)が人種差別的だと言うコメントが多く見られました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました