橋下徹総務大臣は本当に消えたのか?菅官房長官と橋下徹の関係は深い

政治

自民党総裁選が近くなっている中、最も有力候補だと言われている菅官房長官。

そんな中で、総務大臣に「橋下徹氏」を起用すると噂が飛び交う状態になっていますね。

この記事では、橋下徹氏の総務大臣起用説について

  • 橋下徹氏と菅官房長官が否定
  • 菅官房長官は望んでいる?
  • 橋下徹氏と菅官房長官の関係

と言った点について触れています。

総務大臣起用を菅官房長官と橋下徹が明確に否定?

まず、はじめに橋下総務大臣の誕生を否定したニュースについて、その流れをまとめていきたいと思います。

橋下徹総務大臣起用説の流れ

ほぼ出来レース状態になっている自民党総裁選。

最有力候補である菅官房長官が総理大臣を担う事になると、橋下徹氏が総務大臣として起用されるのでは?という予想が広まっていました。

以下のような流れで噂は広まっていき

  • 著名人や媒体で橋下徹氏が起用されるという噂が広まる
  • 菅官房長官が起用を明確に否定せず
  • 「これはマジであるんじゃないか」という空気に

橋下徹氏の起用説に大きな注目が集まっていきました。

橋下徹氏の元には、これに関する問い合わせが殺到していたようです。

両者が番組内で否定

しかし、13日になって橋下徹氏の総務大臣起用説はかなり薄れたようですね。

というのも、候補となっている菅官房長官・岸田文雄氏、石破茂氏が出演した番組にて、橋下徹氏も共演しました。

そこで、橋下徹氏がこれら一連の人事について明確に否定し、菅官房長官も同じく同意するという場面があったのです。

橋下徹氏は、菅官房長官にちゃんと否定してくださいよと笑いながら要請し、菅官房長官も笑いながらそれに応答という流れになっていました。

 

 

 

 

 

菅官房長官は望んでいる?ニュアンス的に見てみると・・・

しっかりと否定されてしまった橋下徹氏の総務大臣ですが、可能性は0ではないようで。

否定はしていたものの・・・

橋下徹氏が菅官房長官に要請する形で、総務大臣の話は否定された訳ですが、0になったかと言うと、そうでもないように感じました。

あくまで筆者の感覚ではありますが、番組内でかなり橋下徹氏が菅官房長官に要請して、菅官房長官があくまでそれに応えたという感じだったのです。

一方、菅官房長官を見てみると、まんざらでもない感じで、望んでいるとも取れる態度でしたね。

もしも、橋下徹氏が本気で総務大臣に挑戦するという形になれば、橋下総務大臣が誕生する可能性も十分にありえそうでした。

総務大臣と橋下徹の親和性は高い

そもそもの部分ですが、橋下徹氏と総務大臣の親和性は高いです。

橋下徹氏と言えば、日本維新の会・大阪維新の会と言った政党を運営する経験があるだけではなく、大阪府知事・大阪市長を実際に歴任している行政のプロフェッショナルです。

何も経験していないただの国会議員と比較すると、行政組織のトップを経験し、行政現場を経験している訳ですから、国政の官僚組織であっても十分に対応可能でしょう。

また、起用が噂されている総務大臣は、「行政組織の全般的な管理」「選挙や防災」「IT」「郵政」等、かなり身近な行政から国の根幹までを握っている組織です。

地方自治とも深く関わっている組織であり、地方自治体の長をやっていた橋下徹氏の経験と深く関わってくる部分ではあるでしょう。

また、菅官房長官は自身が総務大臣としての経験があり、ふるさと納税等の功績が知られていますよね。

自身も経験していて実情を分かっている菅官房長官がまんざらでもない感じなので、橋下徹氏をかなり評価している可能性が高いでしょう。

実際に番組内で、大阪における橋下徹氏の功績を大絶賛していました。

 

 

 

 

 

橋下徹と菅官房長官の関係は深い

この説が浮上するに至った裏側には「橋下徹氏」と「菅官房長官」の間にある深い関係があります。

大阪都構想と菅官房長官

橋下徹氏が顔となって進められていた大阪都構想。

橋下徹氏が政治家となった当初から進められていた計画であり、政治家としての執念が掛かった制度であるとも言えるでしょう。

橋下徹氏の政治家引退のきっかけでもある大阪都構想住民投票における否決。

11月1日にもう一度、住民投票が行われる事が既に決定しており、事前の世論調査では賛成が上回る等、若干賛成有利と言われていますね。

また、橋下徹氏が住民投票を行った際には、自民党を含め、全政党が反対という状況になっており、自民党と共産党が手を組むという異例な自体が発生したぐらいです。

一方で、今回の都構想では公明党が賛成に回り、大阪自民党内でも賛成のものも出るという異例の自体になっています。

ただ、大阪自民党の大きな方向性としては、都構想反対が強いというのが現状のため、菅官房長官も表立って都構想反対とは言っていません。

一方で反対もしておらず、静観にはなっていますが、橋下徹氏・松井一郎氏と菅官房長官の関係を考えると、事実上の賛成であるという状況になっています。

過去には、菅官房長官が「(都構想には)意義がある」と言った発言もしており、安倍首相もちょこちょこと似たような発言を行っています。

自民党において、国政のトップとも言える存在二人が、前向きな発言をしている事から、国政における自民党は賛成の方向であると考えるのが妥当でしょう。

橋下徹・菅官房長官・松井一郎

橋下徹氏と菅官房長官を結びつける関係というのは、都構想に収まりません。

万博誘致に際しても、自民党の本部による追い風が吹いたのは、橋下徹氏・松井一郎氏・安倍首相・菅官房長官という4者の関係があったからと言われています。

橋下徹氏は自身の著書でいくついか松井一郎氏の事を取り上げている場面があり、実行力では松井一郎氏がパイプ役となり、橋下徹氏と安倍首相・菅官房長官を結びつけたと言った旨の執筆をしています。

世間ではあまり表立っている事はないですが、松井一郎氏が維新内部における実力者である事は知られており、橋下が顔(現在は吉村府知事)、内部は松井という体制で、維新の運営は進められてきました。

そもそも、松井一郎氏は元々大阪自民党の政治家であり、自民党に様々な人脈を持っています。

 

松井一郎の学歴や経歴についてまとめ!チンピラという噂や退学理由についても
現大阪市長で、政治家として豊富な経験がある松井一郎さんが、今回の社会的な騒動によって吉村洋文さんと共に注目されています。 なので、今回は松井一郎さんについて「プロフィール」「学歴」「高校を退学した過去」「政治家としての経歴」観点からご紹介していきたいと思います。

 

特に菅官房長官と松井一郎氏はかなりの関係である事は知られています。

松井一郎氏が結びつけた橋下徹氏と菅官房長官の両者の関係も、良好である事は想像に難くないでしょう。

 

 

 

 

 

関係の軸には政治的な方針

両者の関係を結びつける根幹となるものに、「橋下徹氏」と「菅官房長官」の両者の政治的な方針が近い事が挙げられます。

実は改革派の菅官房長官

橋下徹氏といえば、やはりバリバリ改革派というイメージがある方も少なくないでしょう。

一方の菅官房長官と言えば、参謀タイプでなんだか雰囲気的にも改革派なんてイメージがある方も少なくないと思います。

しかし、菅官房長官は実はかなり規格破りな政治家であり、改革派の代表的な存在でもあります。

この両者の似ている部分が橋下徹氏と菅官房長官という二人を結びつけている大きなポイントとなっている可能性は大きいでしょう。

菅官房長官はそもそも世襲議員ではなく、叩き上げというのはメディアで取り上げられている事から、知られている部分です。

このような人物が総理候補になっているだけでも規格破りではあるのですが、それだけではなく、過去の役職を見てみると、

  • 総務副大臣、総務大臣
  • 特命担当大臣(地方分権改革)
  • 郵政民営化担当大臣

といった改革系の役職についているのです。

特命担当大臣・郵政民営化については触れるまでもありませんが、総務大臣としてもバリバリと改革を進めており、

  • ふるさと納税の実現
  • MNPの推進
    (番号を持ち越しできるやつ)
  • 地方分権関連の法案
  • 郵政民営化の実装

等が挙げられます。

この点を考慮すると、改革派という意味で橋下徹氏と菅官房長官にかなり似通っている点があると言えます。

地方分権を進めたい菅官房長官

上記したような改革はもちろんですが、菅官房長官と地方分権というのは、非常に大きなトピックとなっています。

というのも、菅官房長官は就職後に政治を志し、コネなしの状態から身一つで政界に挑戦しました。

横浜市会議員に立候補し、当選後は市会議員として活動していた訳ですが、国政に大きく偏っている権限(中央集権的なシステム)に疑問を持った事が、国政に挑戦する大きな要因となっているのです。

そのため、国会議員となってからも地方分権に関わるものを扱うことが多く、ここでも橋下徹氏との関係があると言えるでしょう。

というのも、橋下徹氏も地方分権をかねてから訴えており、道州制の導入というのが1つの持論となっています。

中央集権的な日本のシステムを変えたいという根底の部分は、両者とも地方行政に関わっていた事が大きな要因となっている可能性が高そうですね。

もしも橋下徹がOKすれば・・・

もしも、上記したような橋下徹氏と菅官房長官の関係を考えると、十分に橋下徹氏がOKすれば、総務大臣起用というのはあり得ない話でないと思います。

ただ、現実的に考えると、OKすればというのが大きなハードルになっているでしょう。

橋下徹氏は現在かなりの売れっ子コメンテーターで、情報番組では見ない日が無いほどの今メディアで必要とされている人物です。

最近では情報番組のレギュラーをいくつも獲得しているので、橋下徹氏がこのような番組を捨てるにはかなりの覚悟が必要でしょう。

もしも、橋下徹氏が総務大臣にでもなれば、多額の違約金が請求されること間違いなしです。

 

 

 

 

 

橋下徹と菅官房長官の関係についてまとめ

今回は、橋下徹氏と官房長官の関係という点に焦点を当てて

  • 橋下徹氏は否定している
  • 一方、菅官房長官は望んでいる可能性も
  • 二人の関係は深い

と言った点についてご紹介させて頂きました。

橋下徹氏の政界復帰を望む声は少なくありませんが、かなり民間人として成功してしまっているので、日本になにか大きな事が無い限り難しいような気がします。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました