アスベスト・100均の珪藻土の商品は危険なのか?ダイソー・セリア・キャンドゥ

社会情勢

強度や水への耐性等で、非常に便利な商品としてここ数年小売店で、販売されていた珪藻土マットやコースター。

実は、このような珪藻土関連の商品に、アスベストによる危険性が確認された商品がいくつも、発表されましたね。

今回は、100均でも幅広く販売されていた珪藻土関連の商品について

  • 現在分かっている危険な珪藻土商品を売っていた小売店
  • 厚労省が発表しているリスクの高い商品
  • 100均は大丈夫?各チェーンの珪藻土商品について

といったポイントをご紹介していきたいと思います。

小売店で売られている珪藻土に次々とアスベストのリスクが・・・

まず、はじめに今回の騒動の概要と、現在危険と分かっている小売店についてご紹介していきたいと思います。

珪藻土が利用されたマットやコースター等を使っていると、危険があるかもと分かった今回の騒動の発端は、大阪の貝塚市がふるさと納税のお礼品として提供している珪藻土関連の商品に、アスベストの危険があると分かった事が発端でした。(珪藻土マット)

この珪藻土マットには、平成18年以降規制が入っているよりも前に購入していた材料を使って生産されたもののようで、そのような製品にアスベストの危険が確認されているようです。

11月17日に厚労省の発表があり、その次に次々と大手の小売店でも同様に、珪藻土を利用した製品について危険がある事が確認されました。

報道ベースで、公式に珪藻土関連の商品における危険が発表されているのは、

  • 貝塚市のふるさと納税の珪藻土マット等
    (堀木工所)
  • ニトリの一部の製品
    (現在その他の商品についても、調査中)
  • ホームセンターのカインズの珪藻土関連商品

となっています。

上記に該当するような会社から、珪藻土の商品を購入・譲り受けた方は、一度自身の商品が該当するかどうかを確認したほうが良いでしょう。

 

 

 

 

珪藻土×海外製品には要注意!危険な可能性がある

珪藻土関連の商品について、ネット上では様々な噂が広がっていますね。

中には「中国製品」には注意というものもあります。

中国製品のイメージや、広く中国製品が普及している事、実際に今回のアスベストが確認された珪藻土商品に中国製品が混じっていた等の噂・・・

様々な要因があると思いますが、この噂というのはある程度、的を得ています。

というのも、アスベスト関連の規制というのは平成18年以降規制されており、譲渡・輸入・製造・提供・使用等、アスベストに関連するほぼ全てのアクションに対して、規制が行われています。

厚労省の発表によると、以下のような製品については、今回の件により、業界に対して点検を求めているようで

今回販売された製品は、禁止前に仕入れた原材料を使用して製造されたものでしたが、同様に古い原材料を使用して製造されているものや、海外から輸入されているものについて、石綿(アスベスト)が含まれているものがないか、関係業界に一斉点検を求めています。

厚生労働省

禁止前に仕入れた材料を用いて、製造されたものや海外から輸入されているものに対して、点検を行う事を関係している業界にもとめているという内容である事が分かりますね。

国内で製造されたものであっても、一定の条件で点検を行う事を求めているようですが、海外製品に関しても点検を求めている事が分かります。

このような点を総合すると、中国製品に限らず、海外から輸入された商品については、業界に対して点検を求めていると言えます。(何らかの条件はあると推測されますが)

仮にまだ発表されていない小売店から販売されてた場合でも、該当するような珪藻土関連の商品をお持ちの方は、発表があるまで削らない・割らないという点に注意して、保管しておくのが無難でしょう。

 

 

 

 

100均でも珪藻土関連の便利商品が多数販売

近年、珪藻土の商品が注目を集めていた事もあり、100均でも幅広く扱われていた商品です。

また、あくまで傾向と一般論の話ですが、100均は低価格を実現するために、輸入品を用いている事が少なくありません。(輸入品は、業界に対して点検が促されている)

輸入品だから全部危険という話ではありませんが、厚労省の発表を元にすると「点検が終わるまでは注意したい」という点には、変わりないでしょう。

なので、この記事では、100均として知名度の高い以下のようなチェーン店の

  • ダイソー
  • キャンドゥ
  • セリア

の珪藻土関連の商品とアスベストの危険に関する現在の情報をまとめました。

 

 

 

 

ダイソーの珪藻土はアスベストにリスクはある?

やはり、100均と言えば、ダイソーというイメージがある方も少なくないでしょう。

ダイソーの珪藻土商品

100均として知名度の高いダイソーでも、珪藻土の商品を扱っていたようで、主に以下のような商品が挙げられます。

  • 珪藻土水切りマット
  • 珪藻土コースター
  • 珪藻土バスマット
  • 珪藻土スプーン
  • たまご型珪藻土

かなり販売していますね・・・

ダイソーからは、まだ公式の発表は行われていませんが、これだけ珪藻土の商品を扱っていれば、省庁から点検の要請がある可能性が高いでしょう。

仮に珪藻土の商品にアスベストが確認された場合は、直ちに公表する事を勧めているという旨の情報が厚労省から確認出来るので、アスベストがあった場合は発表があると思います。

以下のページがダイソーの新着情報のページなので、心配な方はチェックしておくのがおすすめです。

お知らせ | ダイソー
お知らせ | ダイソー

追記 珪藻土についてのダイソーの公式発表

12月31日に、ダイソーが珪藻土関連の商品についての、公式発表を行いました。

その内容を要約すると、「ダイソーの珪藻土関連の商品は検査を実施済みで、安全が確認されている」といった内容の旨の発表でした。

このたび、他社が販売する珪藻土商品の一部から、法令基準を超える石綿(アスベスト)が含まれる件についての報道がされております。

当社が販売する珪藻土商品について、石綿(アスベスト)含有量の検査を実施し、問題がないと結果が出ております。

DAISO

これからも安心してダイソーの珪藻土商品は利用出来るという事になります。

一番大手のダイソーで安心できる結果が出たのは嬉しいですね。

キャンドゥの珪藻土とアスベストは大丈夫?

次に、ダイソーと同様規模の大きい100均のチェーン店として、有名なキャンドゥについてご紹介します。

キャンドゥの商品

キャンドゥの珪藻土関連の商品には以下のようなものが販売されていたようで、

  • 珪藻土アロマストーン
  • 珪藻土ドライオーナメント
  • 珪藻土大理石っぽいプレート
  • 珪藻土の歯ブラシスタンド
  • 珪藻土のコースター

等が挙げられます。こちらもかなり販売していますね(コレ以外にも、多数の商品が販売されていたようなので、各自チェックしたほうが良いでしょう)

キャンドゥについても、公式の情報はまだ発表されていません。

情報が分かり次第追記いたしますが、以下のページでお知らせをチェックする事が可能です。

【公式】Can★Do(キャンドゥ)ネットショップ
100円ショップ通販,大量注文,まとめ買いならCanDo(キャンドゥ)の公式ネットショップへ!品質やデザインにこだわったシーンにあう商品を送料無料でお届けします。

仮に、アスベストの危険性が確認された場合は、報道される可能性が高いと思うので、日頃からニュースをチェックしておくというのもありでしょう。

追記 キャンドゥの公式発表

12月24日に、キャンドゥで珪藻土関連の商品についての公式発表がWEB公開されました。

結論からご紹介すると、キャンドゥの商品に関してもすでに検査を実施しているようで、安心して利用可能との事です。

弊社取り扱い商品については、日本基準の検査機関にてアスベスト含有
測定試験を行っており、試験結果より安全性が確認できております。
引き続き、安心してご利用ください。

CanDo

百均ってやっぱり安かろう悪かろうのイメージがある方も少なくないですが、安全面はしっかりと配慮している事がわかりますね。

これからは買うのも、使うのも安心です。

 

 

 

 

セリアの珪藻土とアスベストは?

最後にセリアについてご紹介していきます。

セリアの珪藻土関連の商品

セリアも珪藻土関連の商品を扱っており、

  • 珪藻土のフリープレート
  • 歯ブラシスタンド
  • 乾燥スティック

等が挙げられます。意外に買っていて、気付いていないパータンもあるので、自宅の近くにセリアがある方はチェックしてみたほうが良いでしょうね。

以下のページで、セリアの情報を確認できます。

トピックス | 100円ショップのSeria(セリア)
100円ショップのSeria(セリア)のトピックスのページです。キャンペーン・コンテストのお知らせ、店舗オープン情報やメディア掲載情報などを掲載しています。

追記 セリアの発表

1月6日に、セリアも公式の珪藻土に関する発表を行いました。

発表は以下の通りになっており、

弊社が販売する珪藻土商品につき、日本国内の検査機関にて石綿(アスベスト)含有検査
を実施し、安全性が確認されておりますので、引き続き、安心してご利用ください。

セリア

セリアに関しても、安全が取れている旨の発表が行われました。

これでひとまず、大手の百均はだいたい安心という感じになりましたね。

 

 

 

 

まとめ

今回は、珪藻土を利用した商品にアスベストの危険が確認されたとの事で、珪藻土と100均をテーマに様々なポイントをご紹介させて頂きました。

厚労省の発表によると、仮に該当する珪藻土の商品を持っていたとしても、傷つけないように保管しておくのが重要なようです。

既に発表された商品を持っている方・珪藻土の商品を持っていた心配な方は、袋等に入れて安静な場所に保管しておきましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました