武藤友木子の年齢は?華麗な経歴と学歴をチェック!夫も凄そうな件

起業家

日本の出前関連のサービスとして、最も知名度の高いサービスの一つであるUber Eats。

海外では主にライドシェア事業を行っているウーバーですが、日本ではこちらの出前サービスのほうが知名度が高いものになっていますよね。

この記事では、そんなUber Eatsの日本の代表的な存在である武藤友木子さんにフォーカスを当て

  • 武藤友木子の年齢と出身大学
  • 武藤友木子の経歴を徹底的に詳しく解説
  • 夫や子供事情について

といった点について触れています。

武藤友木子の年齢と学歴

まず、はじめに敏腕経営者である武藤友木子さんの生い立ちや学歴、年齢といった点についてフォーカスしていきます。

武藤友木子の生い立ち

武藤友木子さんの生い立ちについて詳しい情報はありませんが、恐らくかなり意識の高いお子さんであった可能性が高いでしょう。

というのも、今でこそ輝かしい経歴・実績を持っている武藤友木子さんですが、子供の頃から非常に企業経営に対して強い興味を持っていたようです。

なぜ、そんな子供が出来る???と気になるところですが、これは親御さんの影響が大きかったようですね。

というのも、武藤友木子さんの父親が会社を実際に経営している実業家だったようで、その影響をダイレクトに受けて企業経営に興味が出た模様。

当時は「社長になりたい」というのが、夢だったようです。

なんだか、やっぱり環境・努力等の後天的なものを含め、優秀な遺伝子を持っていますね。

ちなみに中学受験を受けて、中学生の頃から私立に通っていたバリバリのエリートで、雙葉中学校・高校を卒業しています。

すごい。

武藤友木子の学歴

次に、武藤友木子さんの最終学歴についてご紹介していきたいと思います。

武藤友木子さんの学歴は「ICU(国際基督教大学)」です。

有名な私立大学ですね。偏差値も高い部類の大学であると言えます。

あまり名前を聞いたことがないという方でも、佳子さまが入学した大学と聞くと、ピンと来るのではないでしょうか。

ちなみに、この大学は普段から英語に強い大学で、武藤友木子さんは英語が苦手だったため、そこを強化したいがために、入学した模様。

わざわざ自分が苦手な境遇に飛び込むって、10代の頃から意識高すぎませんか。

ちなみに、2年生の時からはアメリカへの留学も経験しています。

武藤友木子の年齢

武藤友木子さんの年齢がわざわざ明記されているような情報は少ないですが、学歴からある程度推測する事は可能です。

仮に、武藤友木子さんが高校で留年していない場合、1994年に入学し、ストレートで98年には卒業しているので、今年で45~46歳程度の年齢になってくるはずです。

ちなみに学歴の観点から見ると、過去にMBAを取得しており(2012年)、経歴だけ見ても学業に対してストイックな姿勢が見えますよね。

 

 

 

 

武藤友木子の大学卒業後の経歴

次に、武藤友木子さんの経歴(大学卒業後)にフォーカスを当てて、主に「外資時代」「楽天時代」「Google時代・Uber時代」という3つの時代に分けて、経歴を解剖していきたいともいます。

外資コンサル時代

武藤友木子さんは大学を卒業後、輝かしい学歴と留学経験があったからなのか、外資系のコンサルに入社します。

アンダーセンコンサルティングという会社で、現在はアクセンチュアという名前になっています。

アクセンチュアは、120以上の国にクライアントを持っている超大手のコンサルティング企業で、非常に知名度の高い企業です。

全世界での売上は、数千億円レベルの規模で、純利益も4,000億円を超えています。

時価総額は記事執筆現在、約17兆円超えです。

なんだか数字が大きすぎて分かりにくいですが、日本の多くの企業の時価総額は余裕で超えています。

トヨタでさえ25兆円程度なので、かなりの大きな企業である事が分かると思います。

この大企業で、武藤友木子さんは働きまくり、文字通り寝ずに働きました。

トラブルが発生して多忙を極めたときは、三日間で各日で30分の睡眠で働いたようです。

外資系が忙しいというのはなんとなくイメージでありますが、ここまでとは・・・

(武藤友木子さんのケースが異端である可能性はありますが)

起業~楽天売却

外資系の大手コンサルに入社し、一生懸命働いたこともあり、社内での評価はかなり高かったようです。

ただ、優秀な人の性というか、巨大なコンサル会社という特性上、クライアントが大企業だったため、仕事の遅さに物足りなさを感じていた模様。

そんな時に、世界中が熱狂した「ネットバブル」が到来します。

今の日系のIT企業はこの頃に上場した企業が少なくないですよね。(生き残った企業よりも多くの企業が無くなりましたが・・・)

そんな中、武藤友木子さんにもそのチャンスが巡ってきて、同僚から起業の誘いを受け、当時25歳で会社の立ち上げ、今で言うスタートアップを始めたようです。

なんとこの会社は、9カ月後に売却する事が決定します。

それも売却先は、楽天。

スタートアップ創業者の憧れのような経歴ですね。

この機会もあって、武藤友木子さんは楽天に入社する事になりました。

そこで、着実に経験を積みます。

Google入社~Uber eatsの代表へ

楽天に入社した後、いくつかのIT企業で社長になった後に「Google」に入社しました。

Googleでは、新規顧客獲得の責任者として活躍していたようです。もともとコンサル会社にいた武藤友木子さんには、適性中の適正といったところでしょうか。

そして、現在のUber Eatsの日本の代表に2018年就任する事になります。

しかし、日本の中で代表的な存在として紹介される事は多いようですが、どこまでの権限を持っているかは少し未知数。(顔であることは確かですが、決算等の情報を見ると、代表者の名前は別の人になっている)

ただ、経営上重要な部分を担っている事は間違いないでしょうね。

ちなみに、武藤友木子さんがUber Eatsに関わってからの業績の伸びはかなり凄く、

官報決算データベース

2018年に発表されたデータでは、純利益3000万円程度でしたが、

官報決算データベース

3年後の2020年に発表されたものでは、純利益は3億を超えています・・・

単純計算で、10倍にまで純利益が伸びていますね。

きっと、武藤友木子さんの経営手腕も大きく寄与しているはずです。

 

 

 

 

武藤友木子と夫・子供について

最後に、武藤友木子さんの夫や子供という点についてご紹介していきます。

武藤友木子さんの夫について、詳しい情報は公開されていませんが、以下のような武藤友木子さんのツイートを確認すると、


武藤友木子さんの夫も世界を飛び回るビジネスマンの可能性が高そうですね。このツイートから結婚されていることも確実でしょう。

また、お子さんもすでにいらっしゃるようで、武藤友木子さんがGoogleにお勤め(2017~2018?)の時に、出産を経験されているようです。

現在は、2~3歳くらいになってる可能性が高いでしょう。

ちなみに、武藤友木子さんはお子さんの出産に当たって、予定日の二日前まで仕事を入れていたようで、妊娠中でもGoogleの中で責任のあるお仕事をしていたようです。

それに加え、出産後3カ月にはお仕事に復帰したようで、逞しい限りですね。

また、武藤友木子さんの夫がサポートしてくれたという旨の発言を行っていたこともあるので、夫婦で分担しながらどうにか激務をこなしながらも育児をしているのでしょう。

 

 

 

まとめ

この記事では、Uber Eatsの日本代表である武藤友木子さんにフォーカスを当てて、様々なポイントをご紹介させて頂きました。

ここまで優秀な人って、日本に1000人もいなさそう。

武藤友木子さんのお子さんもきっと、優秀な方になるでしょうね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました