ジルバイデンの元旦那のビルスティーブンソン(画像)とは?ジル夫人の離婚

政治家

次期大統領候補であるジョー・バイデン氏の夫人であるジルバイデン氏。

アメリカの大統領選・就任式に関しては、大統領本人はもちろん、夫人であるジルバイデン夫人のような人物にも注目が集まりますよね。

この記事では、そんなジルバイデン夫人の「元旦那・ビルスティーブンソン」にフォーカスを当てて、両者の関係について

  • ビルスティーブンソンの概要
  • ジルバイデン夫人とビルスティーブンソンの馴れ初めと結婚
  • 離婚の理由

といったポイントについて、触れていきます。

ジルバイデン夫人はバツイチだった?元旦那はビル・スティーブンソン(画像も)

ジルバイデン夫人については、様々なポイントから注目を集めていますが、その一つのトピックが「元旦那と離婚歴」というポイントでしょう。

ジョー・バイデンも、ジルバイデン夫人と結婚する前に一度結婚していた事が知られていますが、別れてしまったのは悲劇的な過去が要因です。

一方のジルバイデン夫人は、一般的な離婚と同じように普通に揉めて、最終的には裁判にまで揉めにもめた結婚を経験しています。

そんなジルバイデン夫人と最終的には泥沼になってしまう運命にあった人物というのが、「ビルスティーブンソン(Bill Stevenson)」です。

日本ではあまり取り上げられていないため、あまり知名度の高くない人物なのか?と感じますが、海外の記事ではいくつか取り上げられており、以下のようなビルスティーブンソンの顔を撮った画像が海外ベースの情報で確認できます。

DelawareToday

ちなみに、ビルスティーブンソン氏は地元の有力者のようで、過去には地元の最も影響力のある人物の1人として選出されたこともあったようです。

全国区的な知名度を持っているという訳ではありませんが、地元では有名な実業家・起業家といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

ビル・スティーブンソンとジルバイデン夫人の出会いと結婚

ビルスティーブンソン氏と出会う頃、ペンシルベニア州のワイドナー大学に、ジルバイデン夫人は在籍していました。

ただ、ジルバイデン夫人は「この大学じゃ駄目だ」とかなり早い段階から、絶望を覚えていたようで僅か1学期で退学。

そんなこんなで青春を謳歌していたジルバイデン夫人ですが、かなり衝撃的な事に子供が出来た訳でもありませんが、ジルバイデン夫人は突然、ビルスティーブンソン氏と結婚します。

その後、ジルバイデン夫人は結婚した状態で、デラウェア大学にて第2のキャンパスライフを謳歌し始めます。

(かなり古い出来事ということもあって、詳しい情報は確認できませんでしたが、恐らく大学退学~デラウェア大学入学の間に結婚したと見られる)

結婚とほぼ同時期に、ビルスティーブンソン氏は自身のビジネスをスタートしており、デラウェア大学の近辺に「Stone Ballon」という名のバーをスタートさせました。

このバーでは、当時金の卵だった駆け出しのアーティスを次々と活用し、後々かなり有名なアーティストとなった人物もいるようです。(メタリカ等)

このようなセンスがあった事からか、当時かなり成功したバーの一つとしてアメリカで話題になった事もあったようです。

ビジネス面・経済的な面では、ビルスティーブンソン氏とジルバイデン夫人(当時はスティーブンソンですが)の関係は良好でしたが、、、

デラウェア大学へ入学後、様々な活動を行っていたジルバイデン夫人とビルスティーブンソン氏は徐々に疎遠になっていきました。

このような背景もあって、両者の関係は徐々に冷めていく事になります。

ちなみに、この両者の関係が冷めきって離婚か否か?みたいな微妙なタイミングで、ジョー・バイデンはジルバイデン夫人に一目惚れしています。

 

 

 

 

壮絶な最後・・・離婚エピがヤバい

関係が冷めきって両者は、離婚という選択肢を取る事になりました。

そこで揉めに揉めたのが、元旦那のビルスティーブンソン氏が結婚したとほぼ同時期に始めており、大成功した「Stone Ballon」の収益です。

ジルバイデン夫人は、離婚に際してStone Ballonの収益の半分を貰いたいという主張をしており、一方のビルスティーブンソン氏はその逆でした。

議論は平行線の離婚協議となれば、やはりアメリカです。

裁判に突入しました。

最終的には、ジルバイデン夫人の主張が認められたようです。

 

 

 

 

ジルバイデン夫人のその後とジョー・バイデンとの出会い

その後、ジルバイデン夫人は現在の旦那であるジョー・バイデンと結婚する事になります。

ただ、この点についてビルスティーブンソン氏は、懐疑的な目を向けているようで、内心では

「ジルバイデン夫人と元旦那・ビルスティーブンソン氏が結婚している時から、実は関係があったのでは???」

といった疑いを持ってるようです。

確かに、時系列で考えると離婚が成立したのは1975だったようで(法的な)、ジョー・バイデン氏とジルバイデン夫人が出会ったのも1975年なのです・・・

もちろん、実際に男女の関係があったのか?については、ビルスティーブンソン氏の疑いでしか無いですから、なんとも言えないところですが。

ちなみに、ビルスティーブンソン氏としては恨むようなマイナスな気持ちは無く、むしろ現在の奥さんとも出会って、幸せな人生を送っているようです。

また、過去の選挙では民主党(オバマ・バイデン)に投票したということも公表しており、複雑な感情はあるかもしれませんが、分別のある人物ですよね。

 

 

 

 

まとめ

この記事では、ジルバイデン夫人の元旦那・ビルスティーブンソン氏とジルバイデン夫人にフォーカスを当てて、いろいろなポイントをご紹介させて頂きました。

当時は色々と揉めたものの、ビルスティーブンソン氏もジルバイデン夫人も現在は新たな家庭を築いて、幸せな生活を送っているようですね。

ちなみに、ビルスティーブンソン氏は現在本を執筆中のようで、これが本当なら話題になるかも・・・

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました