完全に関係逆転!?マホト・ヒカルの喧嘩からマホトの大炎上まで

Youtuber

カリスマを自称するヒカル氏。Youtuberとして長く活動しているマホト氏。

両者とも、Youtubeで非常に大きな影響力を持っており、特に直近ではヒカル氏の勢いが止まりませんね。

その影響力というのは一般的なYoutuberを超えるものがあります。

この記事では、そんなヒカル氏とマホト氏についてフォーカスを当てて、

  • ヒカルとマホトの過去の喧嘩
  • 揉め事の発端と流れ
  • 若いから現在までの流れ

という点についてご紹介しています。

話題になったマホトVSヒカルの喧嘩

両者ともYoutubeをチェックしている10代なら、一度くらいは名前を聞いたことのある人物です。

そんな両者の揉め事・喧嘩として、話題になったのは以下の動画がきっかけで


この動画では、ヒカル氏がそれまでに溜めていたマホト氏への不満を述べている動画で、内容を要約すると

「自分は何もしていない」

「好き嫌いとかの話ではない(ぐらい不快)」

「人間性が・・・(人間性について様々なポイントから否定)」

辛口でYoutubeを切るようなスタイルであるシバター氏やPDRさんでもここまで罵倒する事はほぼありません。

このヒカル氏がアップしたマホト氏にたいする動画はかなりバズっており、現在では300万回近い再生数を取っています。

この動画だけを見ると「やり過ぎだろ」と感じてしまいますよね。実際、動画の評価は「高評価5.8万・低評価8万」となっており、かなり低評価が上回っています。(Youtubeでは一般的に低評価が高評価に対してかなり低い傾向にある)

ただし、ヒカル氏がこのような動画をアップするには、かなり長い経緯があったのです。。。

 

 

 

 

きっかけはヒカルの炎上から始まった喧嘩

次に、ヒカル氏が上記のような動画を上げるに至った経緯についてご紹介していきます。

VALU騒動とヒカルの炎上

ヒカル氏は、発言や行動がかなり衝撃的で炎上を何度も経験していますが、一度Youtuber最大規模とも言える炎上を起こしています。

記憶に残っている方もいるかもしれませんが、「VALU」というサービスに絡んだ炎上で、当時日本中のニュースで話題になっていましたね。

炎上の概要を簡単にご紹介すると、VALUというのはインフルエンサー等の有名人を株式に見立てて上場させ、その個人の価値というのを、仮想通貨を用いて売買できるものです。

(上場している人物によって価値は変動し、人気や知名度があれば、価格が上昇する傾向にある)

そのVALUにヒカル氏やその他のYoutuberが参加し、周りから見るとグレーとも見れる行動を行ったため、炎上しました。(かなり複雑なので詳しくは触れません。)

炎上に伴いヒカル氏は以下のような謝罪動画を投稿し


この謝罪動画は現在「1200万再生」を超えています。炎上の規模感が分かるでしょう。

(通常の謝罪動画は大きいものでも数百万程度のものが多く、普通の動画でも1000万再生を超えるものはめったない)

マホト氏は強烈な皮肉を込めた動画を投稿

謝罪動画が公開されたのが9/4で、マホト氏は2日に以下のような動画を投稿しました。


動画の内容を要約すると

「嫌いなYoutuberは?と聞いて、一般の方にヒカル、詐欺するからと言わせる演出」

「ヒカル氏に似た容姿で、ヒカル氏の動画スタイルっぽい事をする」

「動画で撮影を行っていたのが地域の祭りで、詐欺じゃないですね?と露天商に聞く」

「エンディングのBGMをヒカル氏と同じようなBGMを使う」

等、動画の内容を見て頂けると思いますが、明らかにヒカル氏を意識した皮肉めいた動画をアップします。

その翌日には、以下のような動画をアップし、


「炎上した時に誰かが帰ってきてという声はあった?(恐らくはじめしゃちょーを比喩にだして)」

「この際、消えて欲しいと思っている人も多いのではないか」

「チャンネルを再スタートすれば?」

といった内容の動画をアップします。

(また、ヒカル氏と親交のあるYoutuberに、ヒカル氏の顔を踏み絵をさせるという動画もアップ、内容が悪趣味過ぎるため、URLは載せませんが、Youtubeで確認可能)

もしかすると、コレ以外にもヒカル氏がマホト氏に対するヘイトを貯める要因はあったのかもしれませんが、上記の動画だけでも十分、冒頭のヒカル氏大激怒の動画をアップしても不思議ではありません。

 

 

 

 

和解しコラボするほどの関係に

次に両者の関係が改善し、和解するまでの下りをご紹介します。

和解の動画をアップする

ヒカル氏・マホト氏ともに一連の騒動があった後に、関係の修復を行ったようで、以下のような


和解を思わせる動画をアップしました。

その後、ヒカル氏とマホト氏の炎上につられて炎上したレペゼン地球と、マホト氏が和解する動画もアップしており、完全に両者の関係は融和ムードに。

その後、ヒカル氏からマホト氏に対する友好的なコメントが動画で行われる事もあり、両者の関係は完全に治った?といよりも、雨降って地固まる状態になったようです。

マホト氏が炎上した際には助け舟をヒカル氏が出す

19年に大炎上したマホト氏のDV騒動。

当時、どのYoutuberもだんまり状態で、マホト氏が復帰した際にはかなり厳しい声が多くなっていました。

そんな中、ヒカル氏は以下のような動画をアップし


内容を要約すると、

「被害者の方に償い、社会的な制裁を受けたなら自分は何も気にしない」

「チャンネルをマホトがやり直す必要はない(過去にマホト氏がチャンネルを作り直せといった事にたいして)」

「切磋琢磨していきたい」

という助け舟を、マホト氏に対して出しました。当時こんなコメントを出せば、非難される可能性もあったので、かなり漢な対応ですよね。

ちなみにこの動画の概要欄には

Q.過去のことでマホトに恨みはありますか?

A.ない、お互い未熟だっただけの話

ヒカル

というコメントもあり、マホト氏に対して援護を行いました。

マホト氏が過去にヒカル氏に対して行った事(炎上した際に)と、ヒカル氏が行ったことの違いが大きく、話題になりましたね。

 

 

 

大逆転?マホトとヒカルの現在の状況

次に、現在のヒカル氏とマホト氏を比較していきたいと思います。

マホト氏はDV騒動がまだ記憶に新しい21年の1月に、新たな炎上を起こしてしまいます。

コレコレが暴露したマホトと15歳の高校生写真騒動まとめ
結局、マホトと15歳女子高生の騒動では何があったのか?コレコレが行ったマホト15歳少女写真騒動のまとめ

この騒動で、引退・離婚、最悪の場合は逮捕されるかもしれないという点が、ネットでは騒がれています。

一方で現在のヒカル氏はどうでしょうか。チャンネル登録者は400万人超え、マホト氏は70万人程度。

直近のヒカル氏の再生回数は「100万」「80万」「125万」「77万」「80万」「110万」となっており、どの動画もかなり再生されている事が分かりますね。

ヒカル氏の動画は非常に長い事が特徴的なので、広告収入は一般的な再生と比較して、高い傾向にあります。

それに加えて、地上波のテレビに出演し、自身のブランドは大きく成功させ、CMに登場し、宮迫氏・手越氏とコラボ・・・・・・・

ヒカル氏はそんな事を気にしていないとは思いますが、立場が大きく変わってしまいましたね。

 

 

 

まとめ

この記事では、ヒカル氏とマホト氏の関係にフォーカスを当てて、様々なポイントをご紹介させて頂きました。

マホト氏は人を惹きつける素晴らしい才能を持っているものの、今回の騒動におけるダメージはかなり影響してくるでしょうね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました