【画像】銀座で30億円のルビーの原石が盗まれた!実際どんなものなのか

事件

社会的に大きな混乱を見せており、毎日物語のようなニュースが舞い込んできますよね。

そんな中、出てきのが「30億円のルビーの原石」が、銀座で盗まれたというもの。

金額はもちろん、その犯行手口もかなり衝撃的なものなっており・・・

この記事では、銀座で盗まれたと言われているルビーにフォーカスをあてて「事件の今分かっている概要」「ルビーの原石ってどんなもの?」という点についてご紹介していきたいと思います。

現在分かっているルビーの原石が盗まれた事件の概要と現場の画像

まず、はじめに銀座にて「30億円相当」の「ルビーの原石」が盗まれた事件についてご紹介します。

(犯人はまだ発見されていないため、現状に出ている情報です)

ルビーの原石が盗まれた現場

ルビーの原石が盗まれたのは、あの銀座。地下鉄の銀座駅から200mほどの距離のビルにて商談を行っていたところ、盗まれたようです。

30億円相当のルビーが盗まれた現場は以下のような状況になっているとのことで、


かなり混乱している状況が伝わってきますね。

このルビーの原石が盗まれた一画は、一時的に通れなくなっているようです(捜査のためでしょう)

ちなみに、通報が行われたのは27日の正午すぎとのことで、

ルビーの原石は重さ4キロほどで、30億円くらいの価値があるものだ

NHK

という文言で通報されたようです。

なんだか、スケールがでかすぎて少しシュールに感じてしまいますね。

犯人と手口

犯人は単独犯ではなく、複数人というのが有力な情報のようです。

一部メディアでは「男性2人、女性1人」のメンバーによって盗まれたとしており、どのメディアも複数人の犯行を指摘しているので、少なくとも単独犯でないことはたしかな模様。

男性の2人については20代から30代程度と見られているようで、どちらかと言うとまだ若い世代による犯行である事が予想されますね。

逃走経路がエレベーターとの事で、リアル映画のような犯行となっています。

日本人だと、やはり30億円のルビーが盗まれたという文言を見ると、ルパンが出てきた方も少なくないでしょう。これは後々犯人が逮捕されたら、かなり話題になると思います。

何れにせよ、被害者の方は30億円の被害を被った訳ですし、警察の捜査に期待したいところですね。

 

 

 

実際30億円のルビーの原石ってどんなもの?(画像)

次に盗まれた30億円のルビーの原石という点にフォーカスを当ててご紹介していきたいと思います。

ルビーとルビーの原石の画像

一般的にルビーと言えば、以下のような商品を思い浮かべる事が一般的ですよね。

 

 

めちゃくちゃ綺麗です。ただ、大きさや質による価格の違いがかなり異なるようで、3万円~6万円程度が一般的に購入されるルビーの相場ではないでしょうか。

また、もう少し高いものでも以下のようなものが挙げられますが、

 

 

 

 

20万円程度~数百万程度で、十分に綺麗で大きいんですが・・・

30億円のルビーの原石には遠く及びませんよね。(それだけ特別なものだったから、商談をしていたのだと思いますが)

ちなみに、上記したのはルビーの宝石部分であって、原石とはまた少し異なります。

盗まれたのは4キロのルビーの原石・・・・

今回盗まれたのは「4キロほどのルビーの原石」だそうで、原石にフォーカスすると、

 

上記のようなものがルビーの原石に当たるようです。商品として売られているルビーほどきれいではありませんが、端々に綺麗なルビーの宝石を感じられますね。

こんな4キロのルビーの塊を持ちながら、逃走するってかなり厳しいきが・・・(それも30億円の価値を持っている)

同じものではありませんが、過去に20億円のルビーが落札された事はあるようです。その画像が以下で

Forbes

これがフォーブスによると「約22億円」、1カラットあたり1億5,000万円を超える金額で、落札された模様。(オークションに出品されたものだった)

今回、銀座で盗まれたのが30億円という事ですから、これを超えるルビーが盗まれてしまったという事なのでしょうか。

 

 

 

まとめ

この記事では、銀座で30億円のルビーの原石が盗まれた事件に伴って、事件の概要やルビーの原石について様々なポイントをご紹介させて頂きました。

第三者視点だと、やっぱりエンタメ視点で見てしまう(金額的にもかなり大きいので)ところがありますが、30億円という莫大な被害を被った被害者の方は、ご飯が喉に通らないと思います。

はやく解決してほしいですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました