橋本聖子の家族まとめ!父親は有名な馬主!夫(旦那)はSPで子供は6人の子持ち!

政治

自民党の政治家で、五輪大臣として活躍している橋本聖子さん。

森会長の辞任を受け、川淵三さんが後継として名前が挙がっていたものの、政府の方針を受け白紙に。

そんな中で、会長として名前が挙がっているのが、橋本聖子さんです。

この記事では、そんな大物政治家である橋本聖子さんの家族という点にフォーカスを当てて、橋本聖子さんの父親や警察官の夫、6人もいる子供についてご紹介していきたいと思います。

橋本聖子大臣が会食した寿司屋はどこ?新宿のどの場所・店なのか
橋本聖子大臣が会食した寿司屋はどこの場所?新宿・高級という点からどの店か徹底調査!

橋本聖子の家族・父親は凄い馬主

まず、はじめに橋本聖子さんの父親についてフォーカスをあてて、様々なポイントをご紹介していきます。

橋本聖子さんは自身の出生について以下のように言及しており、

私が生まれ育ったのは、北海道勇払郡早来町です。酪農の盛んな人口5000人程の小さな町です。私の実家も牧場経営で生計を立てています。冬の朝の寒さと窓ガラスに咲いた氷の花を今でも覚えていますが、子供のころは吹雪くと車が使えず、馬そりが唯一の交通手段になるような厳しい気候の土地です

橋本聖子オフィシャルサイト

北海道の牧場を生業としている家族に出生したことが分かりますね。

橋本聖子さんの「聖子」という名前は、橋本聖子さんの父親である「橋本善吉」さんがつけたもので、オリンピックの聖火に感動したことがきっかけとなっているようです。

そんな橋本聖子さんの父親である橋本善吉さんは、非常に著名な「マルゼンスキー」という競走馬の生みの親として有名です。

マルゼンスキーは、最強馬の1つとして非常に著名で、今でも有名な競走馬の1つです。

(既に亡くなっていますが)

橋本聖子さんにとって、橋本善吉さんは非常に大きな存在で、橋本聖子さんがオリンピックに出場するほどのスピードスケート選手になれた要因として、橋本善吉さんのサポートが挙げられる事が少なくありません。

橋本善吉さんは2020年10月に96歳で老衰により亡くなっており、あの森喜朗さんも葬儀に参加したことが知られています。

 

 

 

 

橋本聖子の夫(旦那)は凄腕SP?

次に、橋本聖子さんの夫(旦那)についてご紹介していきます。

橋本聖子さんの旦那についての情報はそれほど、公開されていません。

政治家の家族となると顔が広く知られているケースも少なくありませんが、これには橋本聖子さんの夫(旦那)の職業が深く関係しているようです。

というのも、橋本聖子さんの夫は「警察官」であり、その事により表立った活動は出来ないとのこと。

警察官という立場上、表立った応援は無理だけど、精神面での応援はできるから

 

橋本聖子オフィシャルサイト

また、橋本聖子さんとの接点もこの警察官という職業を通じたものとなっています。

橋本聖子さんの夫は、当時の島村農村大臣のSPを経験していたことがあり、普段から島村農村大臣と関わっていた橋本聖子さんとも接点が出来た模様。

橋本聖子さんと旦那さんには共通点が多く、過去に旦那さんがスポーツをしていたことや同じ北海道出身である事等から、自然と距離は近づいた模様。

普段は、あまり人に相談できないタイプの橋本聖子さんですが、自身の夫にはためらないなく相談が出来るようです。

橋本聖子さんにとって、夫が精神的な柱になっているようですね。

ちなみに、SPを経験している橋本聖子さんの夫ですが、警視庁のSPには厳しい条件があり

「警察官としての実績(成績等)」

「身長173cm以上」

「上級レベルで拳銃を扱える事(資格が必要)」

「剣道・柔道のどちらかを三段以上」

「英語を使える」

というものが挙げられます。まさに文武両道という感じですね。

橋本聖子さんの夫はかなり優秀な方なのでしょう。

 

 

 

橋本聖子の子供は6人!名前がファンキーとの声も

最後に、橋本聖子さんのお子さんについて触れていきます。

橋本聖子の子供名前が変わっている

橋本聖子さんの子供は全部で6人。息子が3人・娘が3人と綺麗に別れているようです。

そのうちの3人は元々、橋本聖子さんの夫が結婚する前に出来た子供、つまり連れ子です。(夫は前妻との死別を経験)

どうやら、橋本聖子さんとの実子(夫との結婚した後に出来た血縁関係のある子ども)の名前がかなり話題になっているようで、

「聖火・せいか」

「亘利翔・ギリシャ」

「朱李埜・トリノ」

というオリンピックに因んだ名前になっている模様。

ネットでは、このような名前に対して「キラキラネームでは・・・」という声も挙がっている模様。

確かに、変わった名前ではありますね・・・

ただ、恐らく名前をつけた意図はしっかりとあるのだと思います。

というのも、上記したように橋本聖子さんの名前自体が、お父さんがオリンピックの聖火に感動した事によりつけられたものですし、自身もオリンピックに出場しています。

オリンピックに強い思いがあり、そのような部分からこのような名前を付けるに至ったのでしょう。

色々と批判の声もあるようですが、変わっている = だめ というわけではないですからね。

お子さんが嫌がってるならともかく、内情を知らずにお子さんの名前を否定することは、遠回しに橋本聖子さんへの批判だけではなく、お子さんへの否定にも繋がるでしょう。

個人的に、お子さんが嫌がっていないのなら、問題ないとは思います。

橋本聖子と出産

ちなみに、橋本聖子さんは、元々「自分は子供を産めない」という認識があったようです。

というのも、アスリートとして常人では考えられないような体の調節をしていたので、月経が止まっていた期間というのが少なくなかったのです。

そのことから、医師からも「子供は絶望的である」という旨の回答を得ており、現在の夫と結婚し、子供が出来た(連れ子)ときには非常に感動した模様。

その後、血がつながっている実子ができ、子育てをする際には、現役の国会議員としていろいろな障害があったようです。

このことから、現在の政治家活動にも繋がっており、育休制度等の整備の必要性を感じたようです。

 

 

 

まとめ

この記事では、橋本聖子さんと家族というテーマで、橋本聖子さんの父親や旦那、お子さんといった点についてご紹介させて頂きました。

オリンピックの会長の後継が揺れに揺れていますが、期待の声が高まる橋本聖子さん。

これからもどんどん政治家として活躍して頂きたいです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました