スーパークレイジー君(西本誠)のタトゥー(刺青)の画像や理由・見解まとめ!

政治

政治家とは思えないような名称で話題のスーパークレイジー君こと、西本誠さん。

最近では、職員から脅迫じみた事を言われたなんてことも話題になっていますね。

この記事では、そんなスーパークレイジー君の「タトゥー(刺青)」という点にフォーカスして、スーパークレイジー君のタトゥーの画像や、入れた理由、スーパークレイジー君のタトゥーに関する見解等についてご紹介しています。

スーパークレイジー君のタトゥー(刺青)の画像

まず、はじめにスーパークレイジー君のタトゥーはどんなもの?という点について、ご紹介していきます。

スーパークレイジー君のタトゥーの画像をご紹介すると、以下のようなものがあげられ、

スーパークレイジー君official

(スーパークレイジー君のYoutubeチャンネルより)

かなりイカツイタトゥーになっていますよね。(一般的に刺青と言われるものに近いですが、細かい定義は置いておいて)

ちなみに、戸田市議会議員となったスーパークレイジー君の現在は以下のような風貌となっており、


かなり印象が変わりましたね。髪の毛も黒色で、真面目感が強くなっており、シンプルなイケメンという感じ。

(名札?のような所のスーパークレイジー君という名称がなんともシュール)

 

 

 

 

スーパークレイジー君がタトゥー(刺青)を入れた理由とは?

気になるのは、スーパークレイジー君がなぜこのようなタトゥー・刺青を自身の体に入れるに至ったのかという点でしょう。

スーパークレイジー君が自身で、タトゥーを入れたきっかけについて名言している事はありませんが、過去にタトゥーに関するツイートをいくつか行っており、


刺青(タトゥー)も事実だという風に明記しています。

少なくともタトゥーシールの線は消えましたね。

スーパークレイジー君がはっきりと公言していないため、明確な理由は不明ですが、自身の父親がヤクザだったという点を公言しており(上記ツイートで)、幼少期から少年期にかけてかなり破天荒な時期を過ごした事を公言しています。

このような点を考慮すると、何らかのきっかけがあった可能性は高そうですが、総合的に見ると「スーパークレイジー君を取り巻く環境」によって、タトゥーを入れる決意をした可能性が高そうですね。

Youtubeチャンネルやその他SNSでちょこちょこと、タトゥー・刺青について言及しているものの、はっきりとした理由については言及を避けていることから、何らかの複雑な事情があったのかもしれませんね。

 

 

 

 

スーパークレイジー君の刺青に関する見解

次に、現在のスーパークレイジー君のタトゥーに関する見解をご紹介していきます。

洋風なものをタトゥ-、和風なデザイナなものを刺青・入墨と表現する傾向がありますが、日本では未だに海外カルチャー等を受けて、軽減しつつあるものの、「タトゥーはちょっと・・・」という認識を持っている方も少なくないでしょう。

このような日本の風潮の良し悪しは各種議論があるところなので、一旦保留にしたとしても、そのような風潮が日本にあるというのは日本人ならほとんどの方が賛成すると思います。

そんな中で、スーパークレイジー君が政治家として、自身のタトゥーについて以下のような見解を示しており、


まさかの謝罪を行っていました・・・

(上記のツイートは、スーパークレイジー君が刺青を入れていることに対して、否定的な意見を投稿しているユーザーに対して、返信したものです)

名前こそスーパークレイジー君ですが、刺青やタトゥーそのものに対して、否定を行っていないものの、日本社会におけるタトゥー・刺青というものに対しては、少なくとも冷静に考えているようです。

ただ、一方で自身のYoutubeチャンネルで、タトーを扱った動画の概要欄では、以下のような概要欄の記載も行っており、

刺青に対して差別など偏見などないような社会でありますように。

スーパークレイジー君official

現在の日本社会の状況を把握しつつ、同時に「偏見・差別を無くしたい」という思いはある模様。

この点については、戸田市議会議員という立派な政治家の1人なので、スーパークレイジー君が社会的な活動を行っていく中で、解決しようとしている問題の1つなのかもしれません。

 

 

 

まとめ

この記事では、スーパークレイジー君の刺青にフォーカスして、様々な点をご紹介させて頂きました。

刺青が入っていて、名前がスーパークレイジー君。父親の過去にはヤクザ。

政治家としては例を見ないようなキーワードが並んでいる訳ですが、戸田市議会議員としての活躍をまずは静観したいところですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました