二宮清隆(東北新社)の経歴と学歴(大学・高校)をwikiる!プロフィールも

政治

菅首相の長男が関係していた騒動に関連して、二宮清隆さんが引責辞任という報道がでましたね。


今回の騒動ではたくさんの人が話題に出てきていますが、その多くは官僚に関するものであり、東北新社側の情報を知らないという方も少なくないでしょう。

なので、この記事では二宮清隆さんの「経歴や学歴」という点にフォーカスをあてて、基本的なプロフやこれまでの経歴、高校や大学といった学歴についてご紹介していきます。

二宮清隆の経歴をwikiよりも詳しく!基本的なプロフィールも

二宮清隆さんの基本的なプロフィールや経歴といった部分について、wiki風に簡潔にご紹介していきたいと思います。

二宮清隆さんは1959年生まれの61歳で、東北新社の社長になっていた人物です。

(報道によると、2月26日に引責辞任)

二宮清隆さんが東北新社の社長になるまでの経歴をまとめると、以下のようなプロフィールとなっており、

  • 83年 博報堂入社
  • 00年 東北新社入社
  • 同年 オムニバス・ジャパンへの出向
  • 同年 取締役に
  • 2001年 東北新社 取締役
  • 2002年 東北新社 配給事業部担当 兼 外画政策事業部担当
  • 2004年 東北新社 コンテンツ制作事業部担当映像本部長、エンタテインメント事業部長、事業統括室長、取締役等
  • 2006年 常務取締役に
  • 2007年 株式会社ゴー・シネマ 代表取締役副社長
  • 2010年 株式会社オムニバス・ジャパン 代表取締役会長
  • 2010年 東北新社 副社長に
  • 現在まで 東北新社社長に

という経歴を持っています。

また、一部情報によると二宮清隆さんは、創業者の娘婿だと言われています。(情報のソースが曖昧なので、真意が不明ですが)

 

 

 

 

二宮清隆の高校と大学の学歴は不明なものの・・・

次に、二宮清隆さんの高校や大学といった点についてご紹介していきたいと思います。

結論からご紹介すると、二宮清隆さんの学歴については高校・大学ともに公開されていません。

ただし、かなり優秀な大学を卒業した事は間違いないでしょう。

というのも、二宮清隆さんは大学卒業後に「博報堂」に入社しています。

博報堂とは、1895年創業の広告代理店のことであり、非常に古くから存在している有名広告代理店の1つです。

もちろん、かなりのエリートが集まることが有名であり、大半が有名私立(早慶上智)もしくは関東もしくは関西にある旧帝大レベルの大学卒業者が採用されています。

大卒内定者の学歴は、東早慶一工+旧帝大で76%を占めています。

ここ数年の採用数は、大卒から60名程度、修士から30名程度で推移しています。

大学別の採用数を見ると、早稲田と慶應の18名が群を抜いて多いという結果となりました。

この点を考慮すると、二宮清隆さんもかなりの学歴の持ち主であることは間違いないでしょうね。

 

 

 

 

まとめ

この記事では、二宮清隆さんにフォーカスして学歴や経歴といった点についてご紹介させて頂きました。

優秀な経歴を持っていたとしても、やらかしてしまうとあれですよね。。。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました