東日本大震災で幽霊現象?タクシーで幽霊の目撃情報多数の訳

社会情勢

自然災害や大きな事故等、社会的に大きなショックを与えるような事象では、様々な噂や都市伝説が語られることが少なくありません。

東日本大震災についてもそれは例外ではなく、特に話題になったのは「東日本大震災と幽霊とタクシー」というキーワードでしょう。

東日本大震災に伴い、近辺のタクシードライバーが経験した幽霊現象等についてご紹介していきたいと思います。

東日本大震災からタクシーで幽霊が多発?

当時、大学生だった工藤優花さんが卒論として扱った「東日本大震災と幽霊・幽霊現象」というテーマについて、大きな注目を集めたことがありましたね。

呼び覚まされる 霊性の震災学 | 金菱 清(ゼミナール) |本 | 通販 | Amazon
Amazonで金菱 清(ゼミナール)の呼び覚まされる 霊性の震災学。アマゾンならポイント還元本が多数。金菱 清(ゼミナール)作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また呼び覚まされる 霊性の震災学もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

(この本に詳しい内容が書かれています。)

特に話題になったのは、東日本大震災と幽霊といった観点から情報収集を進める中で、信頼性が高い情報としてタクシードライバーによるものが多かったというもの。

東日本大震災という日本国民にとって大きな災害だったのはもちろんですが、タクシードライバーと幽霊という組み合わせで、人々の興味を集めました。

東日本大震災に関わらず、幽霊現象の話としてタクシーが出てくるケースって少なくないですよね。

何れにせよ、東日本大震災と幽霊という観点から見た時に、タクシーに関連する情報は少なくありません。

 

 

 

 

タクシーの幽霊現象エピソード

タクシー運転手の証言として、いくつかの情報が公開されており(ネット上のものも含め)、その証言の概要についていくつかご紹介していきたいと思います。

死んだのかを確かめる女性

深夜のとある駅で、女性を乗せたタクシードライバー。

夏にも関わらず、厚めのコートを着ていたため、タクシー運転手は不思議に感じたようです。

女性から行き先を聞くと、既に東日本大震災によってかなり被害を受けた街だったため、「更地ですけど大丈夫ですか?」という旨を伝えた所、

「私、死んだんですか?」

という返答が返ってきたようです。

驚いたタクシー運転手が後ろを振り返ったときには、もうその女性の姿は無かった模様。

彼女を心配する男性客

東日本大震災後に、タクシー運転手が若い男性をタクシーに乗せたようです。

その男性がタクシー運転手に対して「彼女は元気だろうか?」という質問をされ、タクシー運転手が聞き返すと、既に男性の姿は無くなっていたようで、残っていたのは小さなリボンがついた箱だったそうです。

彼女?という言葉から、恋人なのでしょうか。とすると、恋人へのプレゼントかなにかがその箱には入っていたのかもしれません。

小さな女の子

タクシーを営業中、小学生程度に見える小さな女の子がタクシーに向かって手を上げていました。

小さな女の子ということもあり、タクシー運転手は迷子かな?と感じたようで「両親は?」と尋ねたようです。

それに対して女の子は

「一人ぼっち」

という回答を行ったようで、迷子と判断し、タクシー運転手は女の子から住所を聞き、送っていくことに。

住所の家に着き、女の子の手を取って見送ると、女の子はすっと消えって行った模様。

ちなみに、これが起こったのも8月の出来事だったようですが、こちらに関しても女の子の服装は冬服だったようです。

家まで送ると両親が・・・

被災地に近しい場所で、タクシーを回していると、1人の女性を乗せる事に成功。

目的地を聞くとかなり遠くだったようで、タクシー運転手も喜んでいたようです。

目的地(自宅)に到着し、女性を確認すると既に消えていたようです。

そこで運転手は「幽霊だったのか」と察し、一応目的地の自宅を尋ねてみると、老人夫婦が出てきました。

タクシー運転手が事情を話すと「あれ幽霊なんですよ。また、あの子帰ってきたのね」と、夫婦は回答。

夫婦は料金を満額支払ってくれたようです。過去にも、何度か同じような経験を夫婦は経験していたらしく、慣れた対応だったようです。

 

 

 

 

 

このような現象が起こっている背景とは

阪神淡路大震災等、たくさんの被災者を出した災害では、同じように幽霊等の目撃情報はあったものの、これほどタクシードライバーに集中したものや、はっきりとした情報は無かったようです。

(タクシーの場合は、乗車履歴等が残るため、信頼性が高い)

タクシーと東日本大震災の幽霊という点がフォーカスされるきっかけとなった論文に関わった方たちは、「津波には到着まで時間がかかるため無念・後悔が残りやすいのでは(助けられたのではという)」といった推測を行っています。

本当に幽霊が出たのか、それとも幽霊を見た人の様々な心理的な状況が生み出したのものなのか、実際の幽霊を見た本人にもわからないところですが・・・

 

 

 

まとめ

この記事では、東日本大震災とタクシーが遭遇した幽霊というテーマで、様々な点をご紹介しました。

東日本大震災に伴っては、様々なトピックで語られることが多いですが、どんな情報でも防災意識は高まりますよね。

今一度、ハザードマップ等のご確認を

ハザードマップポータルサイト
国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。

お勧めします。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました