フィリップ殿下の家系が凄い!豪華すぎる家系図について

政治

エリザベス女王の夫で、長年に渡り活躍したフィリップ殿下。

エリザベス女王の家系がものすごいことは想像に難くないですが、フィリップ殿下の家系も実は凄いんです・・・

この記事では、フィリップ殿下の家系という点にフォーカスして、家系図や家系における有名な人物についてご紹介していきたいと思います。

フィリップ殿下の家系図について

まず、はじめにフィリップ殿下の家系図についてご紹介していきたいと思います。

 

Pinterest

家系図からも、パット見でわかりますが、フィリップ殿下とエリザベス女王は遠い親戚関係に当たります。

フィリップ殿下は、グリュックスブルク家という家の出身で、そもそもここが王家の家になっています。

父親はギリシャ王国の国王の4男にあたるアンドレアスというじんぶつで、母親はバッテンブルク家の出身です。

フィリップ殿下は、ヴィクトリア女王の孫の孫、つまり玄孫にあたる人物です。

家系図をよく見てみると、フィリップ殿下の場合は母親が、エリザベス女王のに関しては父方がヴィクトリア女王との家系に当たる事が分かると思います。

 

 

 

 

 

フィリップ殿下の家系における著名な人物

次に、フィリップ殿下の家系にいる著名な人物をいくつかご紹介していきます。

祖父でギリシャ王・ゲオルギオス1世

フィリップ殿下から見ると祖父、ゲオルギオス1世(1845年~1913年)からすると、孫にあたるフィリップ殿下。

ゲオルギオスは17歳から王位についており、後にドラクマの紙幣の肖像にも使われた人物となっております。

近代化・農業改革を進め、内政における一定の評価はされているようですね。

最終的には海外にかなり挑戦的な発言をしていた事から(領土拡大を匂わせるような)暗殺されています。

さきほど、フィリップ殿下の母方がヴィクトリア女王とのつながりがあるという点をご紹介させて頂きましたが、実はゲオルギオス1世とエリザベス女王にも繋がりはあります。

というのも、ゲオルギオス1世の父親はデンマーク王クリスチャン9世で、何人かの子供を生みましたが、その1人(アレキサンドラ)がエドワード7世と結婚しており、これはエリザベス女王の祖先にあたります。

つまり、エリザベス女王とフィリップ殿下は、ヴィクトリア女王からのつながりのみならず、フィリップ殿下に関しては父親の点からも、自身の妻であるエリザベス女王との血の繋がりが見られるのです。

デンマーク王・クリスチャン9世

クリスチャン9世は(1818年~1906年)、フィリップ殿下から見ると祖父の父親にあたる人物です。

クリスチャン9世は、デンマーク王という肩書からもかなり凄い人物というのは感じられますが、実は幼少期は貧しい生活をしていたみたいです。

その財力というのは教育費もまともに捻出出来ない家庭で、後々王家の血を引いていたことから、即位する事になりますが、それまでは一般的な庶民と変わらない生活を送っていたようですね。

なんだか、貧しい生活をしていて、そこから突然王に即位って漫画みたい・・・

ちなみに、先程もご紹介しましたが、クリスチャン9世に関しては、フィリップ殿下もエリザベス女王も祖先にあたります。

母方の祖母・ヴィクトリア

次に、フィリップ殿下の母方の著名な人物についてご紹介していきます。

フィリップ殿下の母方の祖先はガッツリ、イギリス王室に関連している人物が何人もいます。

まず、はじめにフィリップ殿下の祖母・ヴィクトリア。

この方は、イギリス王女であるアリスの子供です。

後に、アリスが病になると心を痛めて、フィリップ殿下を引き取ってくれた方が、心優しそうなエピソードがいくつか残っており、フィリップ殿下を引き取った事からも、フィリップ殿下の記憶に強く残っている人物でしょう。

後に、自身の息子がインド総督になる事を強く反対し、最期まで認めなかったようです。

その理由は「危険だから」というものだった模様。

心配性で、心優しい女性という感じがしますね。

祖母の母親・アリス

次に、紹介するのはフィリップ殿下から見ると、母方の曾祖母にあたる人物である「アリス王女」です。

あの有名なフローレンス・ナイチンゲールと共に行動を共にしていたと言われており、弟子の1人だったようです。

後に、福祉や医療の観点からその功績が評価されています。

フィリップ殿下の曽祖父にあたるアリス王女は、7人の子供を残しているものの、かなり早くに亡くなっており、35歳でこの世から旅立ったようです。

そのよういんというのが、当時流行していたジフテリアによる影響で、看病していたら、自身も感染したという経緯だったようです。

物凄い家に生まれているのに、このような活動を行っていたのが凄いですね・・・

 

 

 

 

まとめ

この記事では、フィリップ殿下の家系という観点から家系図や、フィリップ殿下の著名な祖先についてご紹介させて頂きました。

フィリップ殿下と言えば、激しい言動が話題になる事が多かったですが、エリザベス女王を支える姿勢というのはメディアにも評価されていましたね。

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました