秋山博康の学歴(高校・大学)と経歴をwikiより詳しく|徳島県警を退職した現在も

社会情勢

リーゼント刑事として有名になった秋山博康さん。

恐らく日本で最も有名な警察官の1人だったのではないでしょうか。

この記事では、そんな秋山博康さんにフォーカスをあてて

  • 秋山博康の高校や大学等の学歴
  • 秋山博康の経歴と警察官としての活躍
  • 秋山博康の退職後の現在

といった点についてご紹介しています。

秋山博康の学歴(大学と高校)・出身をwikiより詳しく

まず、はじめに秋山博康さんの出身や高校についてwikiよりも深く解説していきます。

秋山博康さんは、後に徳島県警の警察官として活躍する訳ですが、出身も同じ様に徳島県の吉野川市という場所だったようです。


地図からもなんとなく分かりますが、緑の多い所だったのでしょう。

ここで生まれ育った訳ですが、幼少期に後に大きな影響を与える出来事が起きます。

それが、秋山博康さんの子供の頃の自宅に泥棒が入ったことです。

この際に、対応してくれた警察官が非常にかっこよく写り、当時10歳の頃の出来事だったようですが、これをきっかけに警察官を志したようですね。

その志を叶えるために、秋山博康さんは警察学校に入学。

どの警察学校か?については不明ですが、恐らく徳島県警察学校である可能性が高いでしょうね。

徳島県出身ですし、後に徳島県警に入っているわけですし。

近年では、警察学校で講演を行ったこともあるようで、


このような事を総合的に考慮すると、秋山博康さんは徳島県警察学校を卒業したのではないでしょうか。

また、秋山博康さんの印象的なリーゼントは、高校の時からの習慣だったようで、理由は矢沢永吉のようです。


10代からなので、人生の殆どをリーゼントで過ごしてきた模様。(ちなみに警察学校時代はリーゼントじゃなかったようです。)

ちなみに、秋山博康さんは大学にはいっていません。そのため、最終的な学歴は「警察学校」という事になりますね。

1960年生まれで、79年に警察官として活動しているので、19歳から警察官として活躍していた事になります。

 

 

 

秋山博康の経歴

次に、秋山博康さんの経歴について詳しくご紹介していきます。

関わった事件

秋山博康さんは、1979年に警察官に。

警察官になってすぐは、一般的な警察官と同じ様に交番~機動隊といった勤務になっていました。

84年から刑事になり、本部捜査一課に。00年に警視庁(東京の警察)の捜査第一課に出向する事になり、ここから今でも有名な事件に関わるようになります。

秋山博康さんが関わった著名な事件を紹介すると、

  • オウム真理教
  • ルーシー・ブラックマン事件
  • 営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線事故
  • 日本航空機駿河湾上空ニアミス事故
  • 世田谷一家事件
  • 徳島・淡路父子放火事件

といった事件です。

オウム真理教事件に関しては説明不要かもしれませんが、日本の宗教団体が起こした一連のテロ事件を指します。

日本・世界でも当時類を見ないような事件で、世界的にも先進的な新しい形の事件でした。

ルーシー・ブラックマン事件とは、イギリ人女性が襲われ亡くなった事件で、ルーシー・ブラックマンというのは被害者の名前で、被害者の名前がそのまま事件名として一般的に呼称されるように。

犯行の残忍性や、何度も類似の犯行を犯人が繰り返していた事から、著名な事件に。

営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線事故、日本航空機駿河湾上空ニアミス事故に関しては、両方とも交通機関における事故で、両者とも類を見ないタイプの事故でした。

世田谷一家事件は、2000年に発生したもので、その名の通り一家が何者かによって襲われ、亡くなった事件で、現在でも未解決となっている事件です。

その内容から残忍性が伝わりますが、事件発生時に犯人が様々なヒント(指紋や靴の跡)を残した事や、アイスクリームを食べていた事が分かり、挙動が異常な事が知られています。

テレビ出演と有名になったきっかけ

上記したような有名な事件に関わっている秋山博康さんですが、やはり、その中でも秋山博康さんと言えば「徳島・淡路父子放火事件」でしょう。

あの「おい小池!」と言われる紙が作られるきっかけとなった事件です。

秋山博康さんはこの事件の捜査に中心人物として長年携わっており、多数の番組に出演しました。

この事をきっかけに、様々な番組に呼ばれる事となり、番組では印象的な見た目やリーゼントからリーゼント刑事と呼ばれるようになりました。

秋山博康さんを初めてみた方も、この事件をきっかけでという方が非常に多いのではないでしょう。

ちなみに、おい小池!というあの印象的な手配書は、100万枚を超える数が全国に配布されていたようです。

これだけ配られていると、犯人が見ていた可能性も高そうですね。

 

 

 

 

秋山博康の現在は?徳島県警察を退職した後の活躍

警察官として大活躍した秋山博康さんですが、年齢は今年で60歳を超えており、年齢からも分かりますが、定年退職となりました。

2021年3月に、徳島県警を退職しており、本当に直近まで警察官として活躍していた事になりますね。

これをきっかけに、いろいろな方面で活躍しているようで、秋山博康さんが使っている肩書としては「犯罪コメンテーター」「防犯コンサルタント」といったもののようです。

実際、退職後にすでに4月の時点でいくつかメディア出演を行っているようで、

秋山博康さんほど有名であれば、色々と引っ張りだこでしょうね。上京という文字があるので、もしかすると、メディアへの露出を増やすために東京に移住したのかも?

また、Youtubeでの活動も行っており、気になるあの事件についても扱っています。

リーゼント刑事・秋山 博康チャンネル 「11時09分、現逮じゃ!」
元・徳島県警捜査一課 リーゼント刑事こと秋山博康です。 2021年春に42年の警察人生を終え、第2の人生を『犯罪評論家』としてスタートする事になりました。 ”刑事魂を絶やさず、悪いヤツは絶対許さない!” その精神でこのYoutubeでも防犯活動をしていこうと思います! 毎週2回、午前11時09に更新! 全国民を守るた...

ぜひ、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

 

 

まとめ

この記事では、主に秋山博康さんの経歴や学歴といった点から、秋山博康さんの様々な点についてご紹介させて頂きました。

3月に退職して、すでにいくつか4月のメディア出演を行っている事を考慮すると、秋山博康さんの姿をテレビやネットで見れる機会も増えるかもしれませんね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました