あばれる君が買った山の場所はどこなのか?値段はいくらでなぜ買った?

テレビ番組

あばれる君が自腹で山を購入したという事が話題になっていますね。

世界的に流行しているアレの影響もあり、近年山を購入する人が増えているようです。

この記事では、あばれる君が購入した「山」に焦点を当てて、

  • あばれる君が山を買った理由
  • 山の値段
  • 山の場所

といった点について触れています。

あばれる君がなぜ?か山を買う

あばれる君が山を購入したという破天荒な行動に驚いた方も少なくないでしょう。

結論からあばれる君が山を自腹で購入した理由は「あばっキングダム宮殿」を作るためです。

というのは番組の内アレで、番組(アイアム冒険少年)の企画半分・あばれる君がもともと山が欲しかったのが半分といった所でしょうか。

あばれる君は自身の山を「楽園」に変えたいという旨の発言をしており、忙しい仲間(自身の周りの人)がくつろげるような場所を作りたい模様。

山を購入したあばれる君の当面の目標は、ログハウス作りとなるようです。

リアルマインクラフトみたいですね。

購入が可能な山には別荘のような家がついているものや、小屋がついているもの等がありますが、あばれる君が購入したものについては1から色々と作っていくようです。

こういうタイプの企画が好きな人なら、1つ楽しみのが増えたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

あばれる君が買った山の値段はいくら?

次に、あばれる君が購入した山の値段について触れていきたいと思います。

結論からご紹介すると「300万円」ほどで購入したようで、番組内では実際に300万円の現金を見せていました。

また、実際に契約書にサインする場所もありましたね。

300万円で山が購入出来るのか・・・という点に驚きを感じた方もいるかもしれませんが、実は購入出来ます。

というか、選り好みしなかったら無料~数十万円で購入出来るものもあるようですね。

これまで山の購入を検討したことがない、もしくは周囲に山を持っている人がいないと新鮮な情報ではありますが、山好きの間では常識の模様。

というのも、山は色々と面倒くさいです。

まず、基本的に不動産なので、本体価格プラスして諸々の税金が初期費用としてかかるのはもちろん、固定資産税が持っていると、保有し続ける限りお金がかかります。

もちろん、一般的な不動産と比較すると、低いものになるようですが、仮に山遊びに飽きたとしても、持っている限り払い続ける必要があります。

同時に問題になっているのが、山を買ってくれる人がいないというのが長年の問題に。

今はブームが来ているようですが、税金以外にも山の管理等面倒くさいことが多い事から、買い手が見つからない事が少なくないようです。

初期費用で300万円というをあばれる君は支払ったようですが、これから税はもちろん、管理等も担わないといけない・・・

購入際して、かなりの覚悟が必要だったでしょうね。


ちなみに、あばれる君は以前から山に関する事について発信している事があり、山が好きなようなので、無駄な心配はいらないのかも。

 

 

 

 

あばれる君の山はどこ?場所について

次に、あばれる君の山はどこなのか?場所は?といった点について触れていきます。

結論からご紹介すると、公式で分かっているのは「車で3時間程度の場所(東京から)」という点しか分かっていません。

これ以外は公開されていないのです。(当たり前ですが)

一般的に車で3時間程度となると、東京駅を中心に考慮した場合、半径100~140メートル以内に収まるような範囲でしょう。

この点を踏まえた上で、東京の周辺の県の山をGoogle Mapで計測してみると、以下のような県が候補に入ります。

(3時間程度の時間がかかる山がある場所)

  • 茨木
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 千葉の一部

埼玉・神奈川県といった地域も半径には入りますが、近すぎるため除外、千葉については一部の地域にて該当する場所が見られました。

非常に範囲が広いですが、あばれる君といえば、福島県の矢祭町という茨城県に近い場所の出身です。

もしかすると、その周辺の山を購入した可能性が高そう?(実家等が近いと利便性も高そう)

 

 

 

 

まとめ

この記事では、あばれる君の山購入について、主に山に焦点を当てて、様々な点についてご紹介させて頂きました。

色々と大変そうですが、山の購入ってロマンがありますよね。

もしも、持っていたら楽しそう・・・

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました