ビル・ゲイツ夫妻の離婚の理由とは?慰謝料や財産分与の金額はいくらなのか

社会情勢

ビル・ゲイツとメリンダ夫妻が離婚を発表し、世界に衝撃を与えています。

ビル・ゲイツは長らく億万長者ランキングで、上位に位置しており、なおかつマイクロソフトの創業者として知られていますね。

このようなビック夫妻の離婚に驚いた方も少なくないでしょう。

この記事では、ビル・ゲイツ夫妻の離婚に焦点を、以下の点についてご紹介しています。

  • ビル・ゲイツ夫妻が離婚した理由
  • ビル・ゲイツ夫妻の離婚に伴う慰謝料と財産分与
  • 過去の事例(ジェフ・ベゾス)

ビル・ゲイツ夫妻が離婚を発表!その理由とは

ビル・ゲイツ夫妻が離婚を5月4日に離婚を発表。

世界中で大ニュースとなっています。離婚理由等についてご紹介していきます。

公式に発表されている理由

まず、はじめにビル・ゲイツとメリンダ夫妻が発表した公式の離婚理由についてご紹介していきます。

ビル・ゲイツによる発表


訳「長らくに関係改善の努力の結果、結婚を終えることにしました。私達は27年間に最高の子供を育て、最高の仕事をしてきました。しかし、これ以上の成長を期待出来るような状態ではありません。」

一般的な離婚理由とそれほど変わりませんね(有名人が発表する離婚発表)

ただし、ビル&メリンダゲイツ財団については活動を継続していく意向のようです。

かなりの関係悪化が背景にあったと見られる。

不倫やDV等のよく海外のスキャンダルで出るような内容は報道されておらず、恐らくこのような背景はないと思われます。

しかし、シンプルにビル・ゲイツとメリンダ夫妻にはかなりの関係が悪化があると見られ、それが離婚の理由に繋がったと見られています。

というのも、ビル・ゲイツとメリンダ夫妻の離婚を扱ったシアトルキング郡上級裁判所による書類では

「結婚はどうしようもないくらいに崩壊している」

といった旨の内容が公開されており、かなりの関係悪化が感じられる内容になっています。

恐らく結婚は予定されていた

離婚に伴う発表では「子供の存在」が取り上げられており、離婚届にも記載されていました。

子供が成人しているという点が、ビル・ゲイツとメリンダ夫妻の結婚を続けていた大きな理由になっていたと見られます。

逆に言うと、離婚する理由はいくらでもあって、子供が大きくなったからこの時期に。という事でしょうか。

ビル・ゲイツとメリンダ夫妻は、ともに財団を運営している仲で、外から見るとかなり仲が良いように見えました。

実は、離婚理由になるほど関係は冷え切っていたようです。

 

 

 

 

ビル・ゲイツ・元妻のメリンダとの慰謝料・財産分与は?いくらなのか

次に、ビル・ゲイツと元妻メリンダ夫妻の間の慰謝料や財産分与といった点についてご紹介していきます。

離婚に伴う慰謝料

まず、はじめにビル・ゲイツメリンダ夫妻の離婚に伴う慰謝料という点についてご紹介していきます。

慰謝料というのは一般的に、どちらかに過失があった場合に支払われるものですから、ビル・ゲイツやメリンダについてそのような情報は出ていません。

また、上記していたようにスキャンダルのようなものも出ていませんからね。

慰謝料に関する情報が出ていない事を考慮すると、発生していない可能性が高いでしょう

財産分与は不明なものの

ビル・ゲイツとメリンダ夫妻の離婚に伴う財産分与はいくらなのか?という点について、結論からご紹介すると不明です。

一般的にアメリカでは、財産分与について資産の半分を渡す事が通例です。

(結婚後に蓄えた資産について)

そして、ビル・ゲイツの資産は「14兆円」ほどと言われています。

この事から単純計算すると、ビル・ゲイツ7兆円・メリンダ7兆円となる事になります。

しかし、ビル・ゲイツとメリンダ夫妻の場合は、少し特殊です。

ビル・ゲイツとメリンダの馴れ初めを辿ると、メリンダがマイクロソフトに入社した事がきっかけとなっています。

つまり、ビル・ゲイツとメリンダ夫妻が結婚した時に、既にビル・ゲイツは億万長者だったという事になります。

そして、財産分与の対象となるのは「結婚後」の資産についてなので、単純に半分の金額とはならないでしょう。

ただ、結婚後にもビル・ゲイツは資産を大きくしているので、この事から半分といかなくても、数十%は受け取っている可能性が高いでしょう。

細かな財産分与の割合については公開されていないものの、財産分与を求めたという情報は存在しており、この事からも0という事はないでしょう。

仮に10%であっても、メリンダの資産は1兆円をこえますからね。物凄い額です。

 

 

 

 

過去の事例 ジェフ・ベゾス夫妻はきっちり半分に

離婚に伴う財産分与はいくらなのかという点については、似通った事例があります。

それが「ジェフ・ベゾス、マッケンジー・スコット夫妻」です。

ジェフ・ベゾスは言わずとしれたAmazonの創業者で、億万長者ランキングで1位になったこともある人物。

このAmazonビッグ夫妻の離婚に関しては、妻が「5兆円」にも上る資産を受けとる事で同意されました。

ちなみに、これでも数十%程度にしか及ばず、ジェフ・ベゾスは「75%」の株式を持っています。(夫婦が持っていた株式のうち)

財産分与とか以前に、元々の資産が大きすぎて、半分じゃなくてもこの金額になっちゃうんですね。

ちなみに、この巨額の資産を持った元妻・マッケンジーは、4000億円を超える金額を慈善事業団体に寄付しています。

ジェフ・ベゾスはこれまで慈善事業・寄付に積極的ではない事が知られていたので、対照的な行動として話題になりました。

 

 

 

 

まとめ

この記事では、ビル・ゲイツ夫妻の離婚に伴って気になる離婚理由や財産分与はいくらなのかといった点についてご紹介しました。

ビル・ゲイツ、メリンダ夫妻が運営しているビル&メリンダ財団は非常に慈善事業団体として巨大なものとなっています。

ここの経営に大きな影響が無いとよいですが・・・

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました