セブンイレブン・東大阪南上小阪店の裁判から現在の状況まとめ!

社会情勢

本部との対立が知られているセブンイレブン・東大阪南上小阪店。

5月にまた新しいニュースが入ってきましたね。

この記事では、セブンイレブン・東大阪南上小阪店の一連の騒動にフォーカスして、

  • セブンイレブン・東大阪南上小阪店の発端
  • セブンイレブン・東大阪南上小阪店の裁判
  • セブンイレブン・東大阪南上小阪店の現在

といった点についてまとめていきます。

セブンイレブン・東大阪南上小阪店の発端をまとめ

セブンイレブン・東大阪南上小阪店と、セブンイレブン本部の対立が知られています。

時短営業を行う

そもそもの発端については、いろんな意見がありますが、世間一般で注目されるきっかけとなったのは「時短営業」問題です。

2019年に、セブンイレブン・東大阪南上小阪店は、人材不足等を理由に時短営業に踏み切りました。

これにセブンイレブンの本部は大反対。

日本中で、コンビニの24時間営業の是非や、セブンイレブン・東大阪南上小阪店の対応について、様々な意見が見られましたね。

本部による契約解除

このような対応をとった東大阪南上小阪店。

上記した時短営業自体は、どちらかと言うと世論はオーナー側の意見が多く、セブンイレブン・東大阪南上小阪店に対して同情的な声も見られました。

しかし、2019年の末。セブンイレブンの本部は「セブンイレブン・東大阪南上小阪店」に対して、契約解除を行う方針に。

契約解除となった理由は

  • 苦情が多かった事
  • Twitterで本部の誹謗中傷を行った事

等のようで、この対応に対して

  • 時短営業を行った事に対する圧力だ!
  • 本部怖すぎる・・・
  • これじゃオーナー側が萎縮する・・・

といった声が見られました。

ただ、同時に・・・・「客からの苦情が多かった」という点。

ネット上を中心に、このような声が見られたのは事実で、東大阪南上小阪店に対してネガティブな声も見られました。

また、信憑性は不透明ですが、Googleのレビュー欄ではかなりひどいレビューも。。。

セブンイレブン・東大阪南上小阪店に同情的な意見、否定的な意見、両方とも見られるようになっていきました。

 

 

 

 

セブンイレブン・東大阪南上小阪店の裁判

次に、セブンイレブン・東大阪南上小阪店と本部との裁判についてご紹介していきたいと思います。

両社の主張

セブンイレブン・東大阪南上小阪店と本部側が争っている裁判の内容をまとめたいと思います。

  • 東大阪南上小阪店は契約解除の無効を請求
  • 本部側は契約解除は有効
  • なおかつ、店舗の引き渡しを要求

となっています。

セブンイレブンと契約を続けたい東大阪南上小阪店、契約を解除し店舗の引き渡しをしてほしいセブンイレブン本部。

両者の裁判は、新聞に取り上げられ、非常に話題になりました。

仮処分では両方とも却下

上記のような裁判となっていましたが、両方とも却下となりました。(仮処分)

大阪地裁の判断では

  • すぐに建物を引き渡す必要はない
  • 本部が主張するものは契約の解除事由に当たる

という事に。これはあくまで仮処分であって、また別に東大阪南上小阪店側も、本部側も両者の上記したような主張を行う訴訟を行っています。

 

 

 

 

セブンイレブン・東大阪南上小阪店の現在がやばすぎる・・・

裁判の判決はまた別途待たれていますが、そんな中で上記のような仮処分が下りました。

そんな中、セブンイレブン・東大阪南上小阪店の現在はかなりヤバい状況になっており・・・

本部は、セブンイレブン・東大阪南上小阪店の駐車場に「直営の仮店舗」を建設したのです。


そして、現在、セブンイレブン・東大阪南上小阪店の駐車場にて、もう一つセブンイレブンが営業しており、24時間体制で営業しています。

ちなみに、セブンイレブン本部は、「周辺住民のニーズがあったため」といった旨のコメントをしています。

実際営業している駐車場のNEWセブンイレブン・東大阪南上小阪店は、お客さんも入っている模様。

カオスすぎる状況ですね・・・

ちなみにセブンイレブン・東大阪南上小阪店のオーナーはこの出店に関して「物言うオーナーに本部はここまでやる」といった旨のコメント残しており、ネガティブな反応をしています。

ちなみに、現在東大阪南上小阪店は休業中です。

 

 

 

 

まとめ

この記事では、セブンイレブン・東大阪南上小阪店について、一連の流れや裁判についてまとめました。

コンビニの24時間営業って便利ですよね・・・

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました