経団連会長・十倉雅和の学歴(高校・大学)と経歴の全てをwikiよりも詳しく

社会情勢

この記事では、次期経団連会長と言われている十倉雅和さんの経歴や学歴について解説しています。


中西会長の退任が発表された同日、次期経団連会長の候補として「十倉雅和さん」が報道されています。

どんな人なのか?経歴や学歴は?といった点が気になる所ですね。

以下のような点にまとめてご紹介します。

  • 十倉雅和の出身高校
  • 十倉雅和の大学・学歴
  • 十倉雅和の経団連会長になるまでの経歴

十倉雅和の出身・生い立ちと高校をwikiよりも詳しく

十倉雅和さんは1950年7月10日生まれ、現在70歳です。

十倉雅和さんは、兵庫県西脇市という地域の出身です。


兵庫というと、神戸や姫路等をイメージしますが、どちらかというと、都会といよりのどかな街の出身ですね。

そんな街で育った十倉雅和さんは後々大出世をする訳ですが、実は「十倉雅和さんの弟」もかなり凄い人物です。

十倉雅和さんの弟は「十倉好紀」という方で、東京大学教授・物理学者です。

十倉雅和さんの家族、優秀すぎませんか。

そんな十倉雅和さんの出身高校は「西脇高等学校」という高校です。


恐らく地元の高校に通う事を選択したのでしょう。

偏差値は56とそれほど高いという訳ではありませんが、進学校には入るようです。(十倉雅和さんの時代とは異なる可能性アリ)

ちなみに、十倉雅和さんの弟である東京大学教授・十倉好紀さんも、同じ西脇高等学校の出身です。

これ以外にも、西脇高等学校は優秀な卒業生を輩出しており

  • 梶本達哉(美術科)
  • 丸山完二(野球選手)
  • 谷本正憲(石川県知事)
  • 片山象三(西脇市長)

といった方が挙げられます。

 

 

 

 

十倉雅和の大学と最終的な学歴

次に、十倉雅和さんの大学と最終的な学歴についてご紹介していきます。

結論から、十倉雅和さんの出身大学をご紹介すると「東京大学」となっており、学部は「東京大学経済学部」です。

言わずとしれた最高学府ですね。

東京大学経済学部は文科二類なので、偏差値は67.5・・・

住友化学への入社は1974年で、十倉雅和さんの生年月日が1950年である事を考慮すると、留年していたり、浪人していた可能性もあるでしょうね。

ちなみに、同じ高校出身の十倉好紀さんは、東京大学工学部物理工学科の卒業しています。

 

 

 

 

経団連会長になるまでの十倉雅和の経歴

次に、十倉雅和さんが経団連会長になるまでの簡単な経歴をご紹介していきます。

大学を卒業した十倉雅和さんは

  • 1974年 住友化学
  • 2000年 技術・経営室部長
  • 2003年 執行役員
  • 2006年 常務執行役員
  • 2008年 代表取締役 常務執行役員
  • 2009年  代表取締役 専務執行役員
  • 2011年 代表取締役社長 社長執行役員
  • 2019年 代表取締役会長

という経歴で、住友化学にて出世していきました。

ちなみに、30代の頃は大阪工場の生産企画課にいたようで、30代後半からは会社の経営に携わる様になった模様。

恐らく、2000年あたりから経営陣として参加sるようになったという事でしょうか。

また、十倉雅和さんは住友化学にてベルギー事業に携わる等、幅広い経験しています。

経団連にて中心的に活動する前に会長に退いて居ること、生え抜きである事等を考慮すると、典型的な経団連会長という感じしますね。

ただ、住友化学が財閥系である事を考慮すると、少しこれまでの人事とは異なるかもしれません。

十倉雅和さんの経団連における経歴は以下のようになっており、

  • 2015年から19年まで副会長
  • 19年から審議員会副議長

となっています。

2019年に住友化学の会長になっている事を考慮すると、審議員会副議長の就任に際して、会長になったのかもしれません。

ちなみに、審議員会といってもピンとこない方も少なくないかもしれませんが、審議員会議長は「経団連のナンバー2」と言われる存在です。

その審議員会の副議長だった訳ですから、十倉雅和さんがどのくらい重要なポストに居たのか?がよく分かりますね。

ちなみに、現在の審議員会議長は「古賀信行」という方で、野村ホールディングス出身の方です。

一般的に、経団連の会長は製造業の方が就任する事が多いですが、審議員会に関してはそのような縛りは見られません。

 

 

 

 

まとめ

この記事では、経団連会長の候補である十倉雅和さんについて、様々な点についてご紹介させて頂きました。

経団連は日本の政界にも大きな影響力を持っていると言われる団体。十倉雅和さん体制なってからの活躍を期待したいですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました