クリスマスはどこの国が起源・由来?意外と知らないクリスマスの秘密

そもそもクリスマスの意味って何?

クリスマスといえば、家族や恋人たちとパーティーをしたり出かけてイルミネーションを見たり美味しいケーキを食べたりと楽しい時間を過ごす方が多いです。

子供達にとってはサンタクロースからプレゼントがもらえる重大イベントですよね。そんなクリスマスですが、実は意外と知られていないクリスマスの意味由来があるんです!

この記事ではそんな意外と知られていないクリスマスの意味や由来について徹底解説します!

クリスマスとクリスマスイブって何が違うの?

クリスマスには、クリスマスとクリスマスイブの2つがあります。クリスマスイブは「12月24日クリスマスは「12月25日」この2つの意味や違いを皆さんはご存知でしょうか?

そもそもイブとは何なのかを知らない方も多いと思います。24日がクリスマスイブで25日がクリスマスと聞くと、クリスマスイブはクリスマス本番の前日ととらえている方は少なくないようです。

しかし、実はイブというのは前日という意味ではありません。イブ(イブニング)は「夕方、夕べ」の意味があり、つまりクリスマスは24日の夕方から始まるという意味なんです。

という事は、24日と25日は同日という事になるの??と思った方も少なくないでしょう。日本での日付が変わるのは深夜の0時ですが、キリスト教の教会暦では日付が変わるのが日没(夕方、夕べ)とされているからなんです。

実はイエスキリストの誕生日ではない!?

クリスマスはイエスキリストの誕生日だと思っている方が多いと思います。しかし、実はそうではないんです。

キリスト教には、「聖書」という書物があります。

聖書にはキリスト教についてや、イエスキリストのストーリーが書かれていますが、中には人間が求めている答えが詰まっているという方もいます。

そんな聖書の中にもイエスキリストの誕生日ははっきり書かれていなかったため、イエスキリストの正しい誕生日は誰も知りません。

クリスマスはイエスキリストの誕生日を祝う日ではなく、イエスキリストが生まれたことを祝う日だったのですね。私はずっとイエスキリストが生まれた日が12月25日で誕生日を祝っているのとばかり思っていました。

クリスマスツリーやリースの意味や由来

クリスマスといえばクリスマスツリーやクリスマスリースですよね。クリスマスツリーやリースはきれいに飾るためだけのものではなく、それぞれ意味があったのです。

そこでクリスマスツリーやクリスマスリースについてご紹介します。

クリスマスツリーを飾る意味は?

日本の家庭でクリスマスツリーを飾ったりする理由は「子供に良い思い出を与えるため」や「きれいだしクリスマスの雰囲気が出るから」といった理由が多いようです。

もちろんそれも大切なことですが、クリスマスツリーを飾る理由はそれだけではないのをご存知ですか?

クリスマスツリーに使われているもみの木は「強い命、生命力の象徴」とされています。夏によく見る木は、冬になると葉っぱは枯れて落ち葉になります。しかし、もみの木は寒い冬の季節でも立派に葉っぱが育つことからそんな意味になっていったのでしょう。

クリスマスツリーの飾りの意味

クリスマスシーズンになるとお店など町中にたくさんあるクリスマスツリー。クリスマスツリーにはたくさんの飾り(オーナメント)がありますよね。何気なくきれいで可愛いなと思う飾りですが、実はそのひとつひとつにそれぞれ意味があるんです。

まず、クリスマスツリーには欠かせない「」についてご紹介します。ツリーのてっぺんに飾られる星は「トップスター」といい、ベツレヘムの星というものを表現しています。

  • オーナメントボール

オーナメントボールにはアダムとイヴが食べていたリンゴ(知恵の木の実)が由来となっています。中にはキラキラとしたオーナメントボールもあるのでクリスマスツリーがより華やかになりますよね。

  • ベル

クリスマスの曲の歌詞にもよくあるベルは、聖なるベルといわれています。魔よけの意味もありますが、その他にもベルの音は喜びの音とされています。

  • キャンドル

キャンドルは、火をつけるために減っていくことからイエスキリストを表しているとも言われています。その他にも、「世を照らす光」といった意味もあります。

 

 

クリスマスリースは何のため?

リースといえばローマですよね。ローマには古くから花冠など作って飾るという文化があります。そんなローマのリースの文化が、キリスト教徒に広まっていったという説があるようです。

リースの意味には「始まりも終わりのない幸せ」というような意味があります。リースは植物などを使って丸く編まれているので、そのリースの様にずっと始まりや、終わりのない幸せのままでいられますようにという意味が込められています。

また、クリスマスリースはリースの色によって意味が変わるのはご存知ですか?例えば緑のリースだと作物などの繁栄を願う意味になります。

その他にもリースを飾るときに使うリボンやベル、刺々しい葉っぱなどをつける理由には、魔よけの意味が込められているようです。

私も小さいころによくクリスマスリースを作っていたことがあるのですが、意味があるなんて考えもせず可愛いと思ったものを好きなだけつけていました。

クリスマスカラーには意味がある!?

次に、クリスマスカラーについてご紹介していきましょう。クリスマスの色といえば「」「」「」「」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実はクリスマスカラーにはそれぞれ意味があるのです。

赤にはイエスキリストが人々を救うために十字架で流した血といった意味があります。その他にも神の愛の象徴の意味もあるようです。

白は冬の雪の色を表しています。その他には、白という事から真っ白な純潔さといった意味もあります。

緑は常緑樹(クリスマスツリー)を表しています。常に緑があることから永遠の命という意味があります。

金はクリスマスツリーのてっぺんにもある、ベツレヘムの星を表しています。

クリスマスの有名人サンタクロース

クリスマスの有名人といえば、サンタクロースを出す方は多いです。子供の頃にサンタクロースに楽しい思い出を与えてもらったことがある方もいるかと思います。

そんなサンタクロースについてご紹介します。

 

住んでる国によってサンタクロースは違う!?

サンタクロースといえば、トナカイがひくソリに乗って現れるイメージの方が多いです。しかしクリスマスの季節が暖かい季節の国では、サンタクロースはソリに乗らないんです!

じゃあどうやって来るの?と思いますよね。実はサンタクロースがサーフィンしながらやってくると言われている国があるんだそうです。

暖かいところでのクリスマスも楽しそうですよね。たまには経験したことのないクリスマスを過ごしてみたいです。しかし暖かい国ではクリスマスケーキも生クリームが溶けてしまったりと、デメリットもあるようです。

大切な人と楽しいクリスマスを!

今回はクリスマスについてご紹介しました。知らなかったことがあった方もいるのではないでしょうか?このほかにもまだまだ知られていない事も多いと思います。

私はやっぱり日本のこたつでゆっくりと生クリームのケーキを食べていたいです。クリスマスは1年に1度しかない冬の大きなイベントなので、家族や恋人などの大切な人と楽しいクリスマスにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました