【2019】大阪のイルミネーションを地域別に15スポットまとめてみた

日本の3大都市「東京・名古屋・大阪」の一つ、大都市の大阪。

近年では、インバウンド関連のビジネスが伸びており、大阪に在住している方、特にミナミ近くに出向く方の中には、「ここ数年、外国人観光客が増えた」という実感がある方も少なくないでしょう。

クリスマスと言えば、東京でも名古屋でもイルミネーションが各地で行われています。

もちろん、大阪も例外では無く、様々な場所でイルミネーションが予定されています。

この記事では「大阪とイルミネーション」という観点から、地域別に

  • 梅田(キタ)
  • 難波(ミナミ)
  • 天王寺

という大阪の最も大きな地域に分けて、イルミネーションを16つ紹介していきます。

大阪駅・梅田周辺「キタ」

まず、はじめに解説していくのは、大阪駅がある梅田・北新地中之島等の大阪では「キタ」と呼ばれる地域です。

大阪の外から来る人のために、まずはじめにキタの特徴・その次にキタのイルミネーションという順番で解説していきたいと思います。

キタの特徴

大阪と言われると、グリコの看板や、様々なネオンが街を照らしている地域を思う浮かぶ方も少なくないでしょう。

あの地域は「ミナミ」と言って、大阪の中でも最大級の繁華街になっています。

一方、地図で見たときに上に来る、つまり北に位置するのが「キタ」と呼ばれる地域です。

キタには「JR大阪駅」をはじめとし、様々な私鉄が通っているステーションシティになっています。大阪駅は、新幹線で来た人も新大阪~大阪駅間の電車を乗って、一度は利用した事の駅になっているでしょう。

また、少し大阪駅からずれると、北新地という繁華街があり、どちらかと言うと、夜のお店が多い地域になっています。

大阪の外から来る人も一度は通る場所で、大阪の人にとっても中心地になっていると言っても、過言では有りません。

キタのイルミネーション

キタは大阪の中心地とも言える場所なので、かなり栄えています。

栄えている地域なので、もちろんイルミネーションも積極的に行われており、今回はその中でも7つご紹介していきたいと思います。

大阪ステーションシティ

  • 電球数 8万3,000球
  • 夕方5時から11時まで点灯
  • 2019年11月から12月25日まで
  • 大阪駅

大阪ステーションシティは、その名の通り駅にあるイルミネーションです。。

大阪駅は大阪の中でもかなり大きな駅になっているので、一度では利用しきれない駅になっていますが、冬に利用した方はホームの上にイルミネーションを見つけたという方も少なくないでしょう。

大阪駅の上に位置している場所で行われているイルミネーションで、毎年行われており、大阪駅を日頃から利用されている方ならこれでクリスマスを感じるという方が多いです。

グランフロント大阪

グランフロント大阪は、大阪駅から徒歩数分以内に存在している、大型の商業施設です。

イルミネーションは北館の1階で行われており、大きなクリスマスツリーが展示されています。

電球数が40万とかなり多く、無料で観覧する事が可能です。

詳細をチェック

新梅田シティ・ワンダースクエア

新梅田シティ・ワンダースクエアも、大阪駅から徒歩数分圏内に存在している商業施設です。(梅田スカイビルの一階)

新梅田シティ・ワンダースクエアでは、毎年ドイツをテーマとしたイルミネーションを行っており、電球数は35万程度で、イルミネーションのみならず、楽しいイベントが行われています。

詳細をチェック

ルクア大阪

ルクアは、大阪駅に隣接する商業施設の事で、大阪駅の横にある大きなビルです。

ルクア大阪のイルミネーションは、東側の壁に大きなクリスマスツリーが映し出されるものになっており、こちらも無料で観覧する事が可能になっています。

ルクア大阪の東側を見れるレストラン等を利用すれば、ディナーの場所として最適です。

詳細をチェック

阪急うめだ本店

阪急梅田本店のイルミネーションは、未来をイメージしたものになっており、幻想的でもあり、SF的でもある雰囲気を感じられるイルミネーションになっています。

阪急うめだ本店もJR大阪駅とすぐそこの距離にあるので、梅田のイルミネーションは、他のイルミネーションもついでに廻りやすくなっています。

詳細をチェック

難波・日本橋「ミナミ」

次に、大阪一の繁華街であるミナミ、難波・日本橋地域についてご紹介していきたいと思います。

ミナミの特徴

ミナミの特徴は、繁華街であるという点・大阪駅からのアクセスの良さにあるでしょう。

地下鉄で数分程度の距離に位置しており、大阪駅からすぐ大阪1の繁華街にアクセスする事が可能になっています。

また、街の特徴としても外観等の目立った規制が無く、企業が気軽にド派手な広告を出せるようになっています。

規模は違いますが、イメージとしてはNYのタイムズスクエアを感じさせるものになっており、ごちゃごちゃしたネオンに、様々な人がいる。

一見、近寄りがたいイメージを持ってしまいますが、誰でもウェルカムであると感じられる地域であり、そこが難波・ミナミの大きな魅力になっています。

ミナミのイルミネーション

そもそも、大阪を寄った事が無い人にとっては、有名なグリコの看板やその周辺のネオンでさえ、イルミネーションと同じように楽しめると思います。

ただ、クリスマス期間限定のイルミネーションは、ミナミでも行われているので、チェックしていきましょう。

戎橋筋商店街

戎橋筋商店街は、大阪のミナミにある有名な商店街です。

歴史は古く、江戸時代から栄えている地域であり、商店街全体でイルミネーションが点在しています。

また、イルミネーション自体も、クリスマスに限ったものではなく、去年では縁起物(だるま等)が展示されていました。

少し雑多な印象を受けるかもしれませんが、ミナミの街を印象づけるものになっており、きっと楽しめると思います。

詳細をチェック

なんばパークス

なんばパークスは、難波にある大きな商業施設です。

なんばに訪ねた事がある人で、なんばパークスを利用した事があるという方も少なくないでしょう。

そんななんばパークスでも、毎年イルミネーションが行われており、65万球という会場全体を覆う電球がロマンチックな空間を作っています。

なんばに用事がある人は、少しでもいいので利用してみてください。

詳細をチェック

通天閣

通天閣は、大阪の新世界と呼ばれる地域にある電波塔です。

位置的には、難波と日本橋・天王寺のちょうど中間に位置しており、難波と天王寺間にある繁華街です。

よく大阪のイメージで挙げられるふぐの展示物があるのも、この新世界であり、近年再開発が行われている地域でもあります。

クリスマスになると通天閣は、クリスマスカラーと言われる発色になり、新世界を照らしています。

新世界を利用するなら、簡単に見れるのでチェックしてみてください!

詳細をチェック

なんばCITY本館

なんばCITY本館でも、イルミネーションが展示されています。

このイルミネーションは少し凝ったものになっており、1階から地下1階に掛けて展示されていて、上から見るとツリー・下から見るとまるで光が降ってくるような展示になっています。

南海電鉄のなんば駅の真横にある施設になっているので、駅を利用する方は少し寄ってみるのも良いかもしれません。

詳細をチェック

なんばカーニバルモール

なんばパークスとなんばCITYは近くにあり、その道を照らしているのがなんばカーニバルモールです。

なんばカーニバルモールでもイルミネーションが行われており、電車をイメージしたイルミネーションを見る事が可能になっています。

詳細をチェック

天王寺・阿倍野

最後に、天王寺・阿倍野エリアをご紹介していきたいと思います。

天王寺の特徴

天王寺は、大阪駅周辺の梅田・繁華街のなんば・大阪の代名詞新世界と比較すると、インバウンドの効果も注目度も少し低いものになっています。

しかし、そこに天王寺の魅力があります。天王寺駅周辺・私鉄の近鉄あべの橋駅周辺は、あべのハルカス・商業施設が点在しており、栄えています。

ただ、少しその地域から離れると、西成区や新世界など昔ながらの大阪・ディープな大阪を感じられる地域になっています。

天王寺・阿倍野付近のイルミネーションは、天王寺周辺に集中していますが、ぜひディープな大阪を感じたいという方は、天王寺周辺に観光に行ってみるのもありです。

天王寺のイルミネーション

天王寺駅周辺のイルミネーションは、なんば・梅田周辺と比較すると、少し少なくなっていますが、一つ一つのスポットが魅力的なものになっています。

あべのハルカス

あべのハルカスは、日本一高いビルとして天王寺の象徴となっているビルです。

大きなビルなので、様々な施設が入っていますが、下の方はすべて商業施設になっており、一般の方でも無料で出入りする事が可能になっています。

そんなあべのハルカスでもイルミネーションが行われており、いくつかの施設が展示を行っています。

その中でも、目玉であり大きな魅力は16階屋外庭園ににて、行われているイルミネーションです。

16階の屋外庭園では、雲をテーマとしたイルミネーションが展示されており、日本一高いビルあべのハルカスでしか見れないものになっています。

詳細をチェック

てんしば

天王寺には様々な魅力がありますが、その中でも大きな魅力が「天王寺動物園」です。

動物園があるというのは、難波・梅田にない特徴であり、その動物園の前にてんしばというエリアがあります。

てんしばでは毎年イルミネーションが行われており、JR天王寺駅から簡単にアクセス事が可能です。

詳細をチェック

天王寺ミオ

天王寺ミオとは、JR天王寺駅と隣接している商業ビルです。

天王寺駅を利用している方なら、一度くらいは天王寺ミオ(MIO)に寄った事があるでしょう。

そんな天王寺ミオには、大きなクリスマスツリーが展示されています。

クリスマスツリー自体は、何時でも観覧する事が可能になっており、特に夜は幻想的なツリーを拝見する事が可能です。

詳細をチェック

キューズモール(あべの)

あべのキューズモールは、近鉄・JRとも徒歩5分以内にある大きな商業施設です。

あべのキューズモールでは、屋外の施設にてプレゼントボックスをライトアップしたイルミネーションが行われており、上にぶら下がっている形になるので、少し個性的なものになっています。

天王寺を利用するなら、一見の価値ありです。

詳細をチェック

まとめ

今回は、大阪とイルミネーションというテーマで、梅田・難波・天王寺のイルミネーションをご紹介しました。

どれも魅力的なイルミネーションになっており、デートスポットでも、ファミリーでも楽しめるものになっていると思います。

大阪は近年、大阪城をライトアップしたりとこのようなイベント関連に強い都市になっているので、庶民としては民間企業にどんどん楽しいイベントを仕掛けて頂きたい所です。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました